文春文庫<br> 荒地の恋

電子版価格 ¥652
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
荒地の恋

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 391p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167559045
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

53歳の男が親友の妻と恋に落ちる。田村隆一、北村太郎ら戦後の詩人の群像を描ききった傑作長篇小説。中央公論文芸賞受賞作!

内容説明

五十三歳の男が親友の妻と恋に落ちた時、彼らの地獄は始まった。詩神と酒神に愛された男・田村隆一。感受性の強いその妻・明子。そして、北村太郎は明子に出会って家庭も職場も捨て、「言葉」を得る―。宿命で結ばれた「荒地派」の詩人たちの軌跡を直木賞作家が描く傑作長篇小説。第三回中央公論文芸賞受賞。

著者等紹介

ねじめ正一[ネジメショウイチ]
昭和23(1948)年、東京都杉並区に生れる。青山学院大学中退。民芸店経営のかたわら詩を書く。56年、処女詩集「ふ」でH氏賞受賞。その後、性的語彙を氾濫させた詩集「脳膜メンマ」、朗読のパフォーマンス等で言葉の臨床実験を行ない、現代詩にあらたな世界をもたらす。平成元年、自らの少年期を題材にした小説「高円寺純情商店街」で第101回直木賞、20年、「荒地の恋」で第3回中央公論文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

109
「詩」もしくは「詩人」というのは、今まであまり私にとって近い存在ではなかった。読み終わって…うーん、あんまり後味はよくないかなぁ。主人公・北村太郎は、よくも悪くも女性に対してとっても真面目。女性を振り回したり、振り回されたりしながらも、最期は幸せな人生だったのでは。30近く年若い彼女さんて、男性の理想なのかな(笑)。女性目線では、男子二人の間を揺れて、鬱になり、最後は電話攻撃で他人から疎まれてしまう明子が哀しい。彼女は一生懸命人を愛しただけなのに。世代的に近く、いろいろ身につまされる作品でした。2015/09/13

マンダリン子

90
すごい話だった。実在した方だったというのにもびっくり。本人は果たして幸せな人生だったのでしょうか。奥様が可哀想な気もしますが。結局阿子さんも結婚してたという事だし。2016/03/10

ワニニ

61
「生活」か「詩」か。詩を生きた北村の人生。『荒れ地の恋』タイトルそのままだった。昨日だったか?加島祥造の死亡記事。実話なんだと妙に感慨深い。当時の芸術家の人間臭さ、許容される時代、そんなものに一種の憧れ。しかし女からみると、明子・治子・阿子…よくついていける。娘も。潔いが自分勝手な男の魅力と、生活から離れた後の詩作の素晴らしさが、淡々と描かれ過ぎる気がして、年寄りの懐古ぽい…が、とにかく荒れ地の恋そのものは蠱惑的で、羨ましいほど。明子や治子を生きるのは怖いから、阿子が良いかな?北村の詩も読んでみなければ。2016/01/08

ふう

59
実存した詩人たちが実名で登場し、実際に起きたことをもとに描かれた作品。これは小説なのだろうかと迷いながら読み進めましたが、そんな枠は関係なく、やはりねじめ氏の作品で、詩人たちはねじめ氏の中で生き返ったのだろうと思いました。言葉の美しさと言葉で語る苦しさ、人を愛する気持ちの純粋さとその愛の恐ろしさ。『荒地』は、北村太郎、田村隆一、加島祥造氏たちが立ち上げた会の名前ですが、そのまま彼らの生きた場所なのかもしれません。人を傷つけ、自らも傷つきながらもがくように生きた詩人たちの、その生き方が心地良くも思えました。2014/06/19

yuyu

42
詩人=芸術家の恋物語。そんな綺麗なものでもないかもしれないが…。ゲスな不倫が蔓延る今、そんな不倫とはちょっと違うような印象。途中、だれたところもあったが、ラストは一気。愛、恋、そして、死について考えさせられた一冊。2016/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/615871

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。