文春文庫
人生の落第坊主―’04年版ベスト・エッセイ集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 330p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167434229
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

才能がありながら“役に立たない頑固さ”ゆえ世に埋もれた人々へ思いを馳せる表題作(池内紀)をはじめ、2003年に各紙誌に発表された珠玉のエッセイ59篇を収録。佐藤愛子、篠田正浩、角田光代、石田衣良、三浦哲郎各氏のほか、学者、経営者、落語家、そして家庭の主婦など、文筆のプロ・アマを問わない多彩な執筆陣も魅力。

目次

人生の落第坊主(海のとき、都会のとき(辰濃和男)
古伊賀に憑かれた男(中島誠之助)
血に酔う(大西峰子)
我が歎き(佐藤愛子)
山口瞳は面白くてコワいぞ(嵐山光三郎)
齢をとるほどに桜に近づく(赤瀬川源平)
チラシ(張令學)
ニューヨーカーは何を食べてる?(廣淵升彦)
代々木公園の桜吹雪(遠藤順子)
バイリンガルのすすめ(陳瞬臣)
人類はみな麺類か?(鹿島茂)
日本人と桜(中西進)
浪華俗世の知恵(藤本義一)
遍路道を歩いてわかったこと(細谷亮太)
人生の落第坊主(池内紀))
神さまへの手紙(なさざる所あり(阿部達二)
経歴詐称?(長田弘)
いのちをみつめる(黒岩徹)
歩み入る者にやすらぎを(中川忠夫)
線路の果てに(比企寿美子)
「どうか読み飛ばしてください」(久島茂)
ふたつの異なる世界性(岩井克人)
名残りとぞ見る吉野山(中野孝次)
ケア、人間として人間の世話をすること(色平哲郎)
銀座行、駅馬車に乗って。(大林宣彦)
花吹雪考(牧野和春)
脳出血に襲われて(塚本哲也)
「百寺巡礼」余話(五木寛之)
柩にこそケイタイを(松山巌)
神さまへの手紙(村松武司))
父の万年筆(普段着のファミリー(阿久悠)
私が知っている桜の森(篠田正浩)
祖母ハンナ・オコンネルと私(島村由花)
人生の転機(葛西敬之)
私はおばあさん(星野博美)
紀宮様のお誕生日に(山岸哲)
武士の娘は「き」の字に眠る(福田はるか)
アウシュヴィッツの真実(浅田孝彦)
マナーの達人(熊倉功夫)
にぎやかなフライパン(水木怜)
桜の解毒作用(河竹登志夫)
この目で観た完全試合第一号(小川九成)
煮ても焼いても食えない…か(川越良明)
父の万年筆(麻木久仁子))
犬のため息(父と子(若林ケイ)
上野駅の立ち喰いそば(清原和子)
デブと帝国(中西輝政)
追想(平岩弓枝)
足裏文化考察(角田光代)
老いは贈り物(田沼靖一)
お父さんのブラジャー(酒井順子)
志ん朝師匠の銀座(林家正蔵)
公平という事(永井敏雄)
眺望の消滅と命の競争(林えり子)
秋の終わりの銀座の空(石田衣良)
ある夏の日に(長谷川美智子)
長いつきあい(白石敏男)
一期一会(渡辺允)
犬のため息(三浦哲郎))