文春文庫<br> 僕のホスピス1200日―自分らしく生きるということ

文春文庫
僕のホスピス1200日―自分らしく生きるということ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 248p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167354053
  • NDC分類 498.04
  • Cコード C0147

内容説明

死ぬ時まで快適に、患者が自らの意思と選択で生きる“ホスピス”では、がん告知はどうなされるか、末期がん患者の延命治療は、痛みをとるモルヒネの使用は、在宅死の対応は、立派な死とは…。『病院で死ぬということ』の著者が、ホスピス科医師となって直面した事実をもとに描く、厳かな、人間最期の物語。

目次

僕たちの希望、新ホスピス、静かに進水
あの世からサインを送ります
死の床での日常を支える好きなこと
ホスピスには行きたい、でも真実は知りたくない
死にゆく人は、全て僕の師匠だった
僕はあなたの生き方にわくわくした
最後の日まで、自分の存在の意味を問い続けるために
ホスピスの価値観は患者の価値観を支えること
僕のホスピスはこうありたい
インフォームド・コンセントをきちんと生かすために〔ほか〕

出版社内容情報

「あなたが死ぬ時まで快適に、あなた自身の意志と選択で生きるために」と、末期がんの患者に懸命に尽す医師の見た生と死のドラマ