文春文庫<br> 麻雀放浪記〈1〉青春篇

個数:
電子版価格
¥713
  • 電書あり

文春文庫
麻雀放浪記〈1〉青春篇

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年05月19日 20時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167323042
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

終戦直後、焼け野原の上野のドヤ街で「ドサ健」と出会い、一気に博打にのめりこんだ主人公の「坊や哲」。チンチロリンや麻雀の技、いかさまの腕を磨いた哲が「出目徳」や「女衒の達」「上州虎」ら仕事師と渡り合い、生き残りをかけて激闘する阿佐田哲也のピカレスクロマンの最高傑作。

著者等紹介

阿佐田哲也[アサダテツヤ]
本名・色川武大、昭和4(1929)年、東京に生まれる。東京市立第三中学校中退。36年に「黒い布」で中央公論新人賞、52年に「怪しい来客簿」で泉鏡花文学賞、53年に「離婚」で直木賞、57年に「百」で川端康成文学賞、平成元年に「狂人日記」で読売文学賞をそれぞれ受賞。阿佐田哲也の筆名でも「麻雀放浪記」など著書多数。平成元年4月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kajitt22

46
『怪しい来客簿』を再読、何かが響いたのでこちらを。映画の和田誠独特のタッチは記憶にあるが本はたぶん初読。戦後すぐ、焼け野原の東京に生きる無頼の博打うち達。希望や愛、美しいものは何もない、ただ勝負に勝つのみ。。個性ある博徒達に比べ、著者の分身「坊や哲」の冷めた視線が良い。そしてやはり文章が良い。最初の数ページで昭和20年秋の東京を歩いているようだ。数十年麻雀牌は握ってないがもう一度やってみたくなった。2023/12/20

ホークス

46
再読。色川武大こと阿佐田哲也の半自伝。ヒリヒリと渇き、小説の苦手な私でも読める。好敵手のドサ健(映画では鹿賀丈史)が言う。「平和なんてこの世にあるものか」「俺たちが、豚みたいにじゃなくて生きてくためには、自分流儀の生き方を頑固に作る必要がある」。舞台は敗戦直後のアングラだけど、人の世の真理をドサ健は言い当てている。米兵カジノのママ(同加賀まりこ)も、手練のイカサマ雀士(同高品格)も、ドサ健との巣を望む恋人(同大竹しのぶ)も、強い自負と覚悟でシビれさせてくれる。差別や下品のリアルさは著者らしい誠意だと思う。2023/06/11

reo

36
昭和55年頃、2度のオイルショックを乗り越え日本の景気は右肩上がりで絶好調。日本人全員が明日の生活は普通に保証されているという、妙な信仰めいた気持ちと、独特の高揚感に満たされていた。それは平成3年のバブル崩壊の少し後まで続く。僕ら営業系サラリーマンは、今日の晩は飲み、明日の夜は麻雀、明後日は飲み。週に一度はゴルフ、その後同じメンバーで卓を囲むなどという暮らしぶりだったような。昼間は無茶苦茶仕事をしたが、その仕事にオフは無く全てが仕事だった。嫁よ子よ許せ。お父さんは忙しかったのだアハハ。何度読んでも面白い。2017/12/24

tom1969

25
昔観た映画の記憶が鮮明に戻った。麻雀に夢中だった学生時代が懐かく、阿佐田氏は神であった時代である。その結果は留年でしたが。軽い自慢は、『九連宝燈』は2回経験した(わからない人はなんのこっちゃですが)。次は「風雲編」に進みます。若干やさぐれてます。2016/10/21

やっちゃん

22
昔漫画で読んでかなりハマった作品。漫画とだいぶ設定が違いドサ健や達も主人公っぽかった。出目徳さんの最後の扱いが雑過ぎて泣けた。九蓮あがると死ぬ由来はこれか。漫画版が良すぎるだけにハードル高いけど続編に期待。明日は晴れるかなあ。2021/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/517256
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。