文春文庫<br> あかんたれ - 土性っ骨

電子版価格 ¥458
  • 電書あり

文春文庫
あかんたれ - 土性っ骨

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 380p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167318017
  • NDC分類 913.6

出版社内容情報

妾の子として生まれ、本家の呉服問屋へ丁稚にやられるという辛酸をなめながら、大阪船場を舞台に大商人への道をど根性で駆け昇った快男児の、苦難と栄光の一代記

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パンダ侍

8
★★★☆☆ 登録200冊目。実家の母の本棚より拝借。本がボロボロw。明治の大阪・船場の呉服問屋・成田屋の「てかけ(妾)の子」秀松の奮闘を描く。昼ドラの原作らしく、ゲスがゲスを呼ぶドロドロっぷり。正妻の長男が放蕩の末にインチキ弁護士(かなり面白い)に騙され、多額の借金を抱え、秀松が「ステテコ」を開発して復活させる。「あきまへん、旦はんッ」とか関西弁がwktkさせる。その他、母の本棚は花登作品の他、向田邦子、渡鬼の橋田壽賀子作品が並ぶ。よそのお家のあれこれが好きだった模様・・・。我がルーツがこれか(;´Д`)2017/10/28

まさ影

0
往年の名作ドラマ「あかんたれ(続あかんたれ)」の原作。懐かしい。セリフが小山明子や志垣太郎、中村玉緒の声で脳内再生されてしまう。2011/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1248411

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。