文春文庫<br> 剣のいのち (新装版)

電子版価格 ¥815
  • 電書あり

文春文庫
剣のいのち (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 462p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167314606
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

幕末激動期、紀州藩を脱藩した東使左馬之助は、おのれの剣技に磨きをかけ、勤皇・佐幕が激突する混迷の時代の中を颯爽と生きぬく。

内容説明

時は幕末。紀州藩の22歳の若き藩士にして心形刀流の名手、東使左馬之助は藩の腐敗をただすために脱藩、京都に乗り込み、志士たちとともに尊攘の機運に乗ずることを決意した。新選組や坂本龍馬、勝海舟たちとの交流を深め、剣ひと筋に生きる男をさわやかな筆致で描く青春剣豪小説が、大きい活字の新装版に。

著者等紹介

津本陽[ツモトヨウ]
昭和4(1929)年、和歌山市に生れる。東北大学法学部卒業。昭和53年『深重の海』により第79回直木賞受賞。平成7年『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞。平成15年旭日小綬章を受章。平成17年第53回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

oskrt

0
背景は幕末だけど主人公は創作っぽい こういうのは歴史物というのかな? まあカテゴライズは良いとしても、とにかく強い男の話■戦いのシーンを克明に描いていてものすごく迫力ある 池波正太郎がさらっと短い言葉で、でも鮮やかに描いているのと対象的 血の流れが見えるような生々しい描写■ しかしこの作家の特徴ってこういうところにあるんだろうか? やはりカテゴライズの話になってしまうけど、私は歴史物は好きだけど個人としての剣豪小説には興味は無い ちょっと物足りなかった2015/10/28

0
迫真性、鬼気迫る心理、臨場感。そういったものを映すのが、津本陽さんは本当に上手いと思う。張り詰めた空気に汗が滲みます。2014/10/05

ぱぷお

0
とても臨場感と迫力のある文章でした。この本をきっかけに、作家さんのファンになりました。2013/02/10

0
架空の人物とはいえ、強すぎる(苦笑) まあ、贅沢に幕末の有名人がわんさか出演する豪華さは架空の人物ならではだからいいけど。2010/05/26

きょうやま

0
幕末、脱藩した名剣士東使左馬之助の志士や新撰組との交流。さわやかな読後感。2020/12/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/495741

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。