文春文庫<br> 乾坤の夢〈中〉

電子版価格 ¥601
  • 電書あり

文春文庫
乾坤の夢〈中〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 493p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167314453
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

『下天は夢か』『夢のまた夢』に続く「夢」三部作の掉尾。ついに日本六十余州を掌中にした天才治世家、徳川家康の生涯に迫る──

内容説明

わずか半日で決着をみた関ヶ原の戦い。大坂城に入った家康は、今や恐れる者のない覇者となっていた。慶長八年、征夷大将軍に補する旨の詔勅が伏見城にもたらされ、名実ともに武家の棟梁の座に就いた家康は、まず江戸市街の大築造工事に着手する。二年後、家康は将軍の座を秀忠に継職し、念願の豊臣家打倒を画策するのだった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

129
中巻は関ヶ原の戦いの戦後処理から江戸幕府の設立、大坂の陣の直前までを描く。関ヶ原で吉川広家は東軍勝利を予想。西軍総大将となった毛利宗家の存続のため、黒田長政を通じ徳川に接近。戦場で中立を通す事により毛利宗家は安堵される筈だった。大坂城を明け渡した毛利宗家は改易。吉川広家に加増と知らされる。二代目となった戦国武将達に家康との交渉は詰めを欠いていた。毛利宗家の存続の為に広島弁で話し合う一門が興味深い。毛利宗家は防長二国に減封。徳川家は旗本を加えて八百万石という巨大な存在となる。幕府を開き、残る懸念は豊家のみ。2017/01/03

イエテイ

1
関ヶ原の戦いは東軍の勝利。石田、大谷、それぞれ散る。広家は煮え湯も自業自得。戦後処理からは家康の独壇場。江戸、駿府ときて、如水・長政・清正と豊家の忠臣相次いで去る。舞台は大阪へ。2018/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563955

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。