文春文庫<br> 開国

文春文庫
開国

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 396p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167314361
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

黒船がきた。コレラも大蔓延。幕府中枢は錆つく。朝廷は無力。未曾有の国難に立ち向かう忍藩主松平忠国、井伊直弼らの果敢なる生涯

内容説明

江戸湾防備を命ぜられた武州忍藩主・松平忠国は天を仰いだ。三十余年、未使用の大砲は砲弾と口径が合わず、弾丸に布を巻き、糊で固めて撃つ始末。これで米露英を払えるというのか。混迷する幕政、高まる外圧、浮き足だつ庶民。新しい時代の扉を押し開いていく忠国、松陰、象山、直弼らの奮闘を描く群像ロマン。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

28
ペリーやハリスの話はあまりにも有名なので、プチャーチンの話を紹介する。 ペリーが去ったあと、ロシアから軍艦ディアナ号でロシア艦隊プチャーチンが大阪湾に入り、ついで翌月に下田港に移動した。前年の長崎交渉を継続し、下田の長楽寺で日露和親条約8ヶ条を締結。日露国境としては千島は択捉島とウルップ島の間、樺太は界を分たず、これまでのしきたり通りとした。 このディアナ号は下田に停泊中に大地震がおき、津波による損傷で戸田まで牽引され、日本の技術者と共同で造船し、無事乗組員を帰還させた美談が紹介される。2019/06/30

まりみ

0
ラスト近くの怒涛すぎる歴史的記述、ちょっと怒涛すぎると読みながらは思ったが、あんなふうに〜怒涛のように〜開国せざるを得なかったんだなと、読了した今は納得。2009/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/367154

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。