文春文庫<br> 虎狼は空に―小説新選組

電子版価格 ¥642
  • 電書あり

文春文庫
虎狼は空に―小説新選組

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 478p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784167314125
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

敵対する者は斬る、隊規を乱す者は斬る、鉄の規則で殺伐たる幕末の京都を押しわたった新選組の実像を新視点から描く歴史大河長篇

内容説明

幕末の京都、江戸より上洛した浪士組が殺人集団へ変貌していく。「士道に背かぬ、組を抜けぬ、金策を勝手にせぬ、訴訟を勝手に扱わぬ、私闘をせぬ」これら五カ条に背けば切腹という鉄の規則の下、敵対する者たちを次々に斬り捨てていった血まみれ軍団・新選組の凄絶なる実像を描ききった歴史連作長篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Die-Go

43
再読。津本陽による新選組もの。新選組を集団として捉え、その目的をとにかく殺人に重きを置いて活動させている。集団群像劇的であるためか、なんとなく焦点が合わずぼんやりとした文体だったように思う。剣劇場面の迫力はあるんだけどね。★★★☆☆2016/12/10

kou

11
以前は津本陽作品をよく読んでいた。 この作品は30年近く前のものであるが、津本氏の描く新撰組を前々から読みたかった。やはり独特の味があった。 新撰組と言えば、泣く子も黙る幕末最後の殺戮集団である。 たった150年前に平気で切腹や斬首をやっていたのだから、なんだか裏寒い。 近藤や土方にしても35歳まで生きられなかった。人生を駆け抜けた感がある。 私は新撰組が大好きなのである。 2014/10/28

コジターレ

7
斬り合いの描写がむごくて血生臭い小説だが、本来斬り合いとはそういうものなのだろうな。著者が、剣道、抜刀道の有段者のようで、剣技の描写は本格的だが、本格的過ぎてついていけないところも多々あった。面白かったが、何となく読みづらく感じ、読了まで随分と時間がかかってしまった。2017/06/03

AICHAN

7
新選組を題材にした小説はずいぶん読んだが、津本さんのこの「虎狼は空に」が新選組の実態におそらく最も近いのではないかと感じる。剣術家でもある津本さんならではの迫真の斬り合いシーンの描写のせいでそう感じるのではなく、近藤、土方、沖田をはじめ多くの隊士の内面の描写に無理がなく、彼らの人間味がよく出ていると思うからだ。私は土方歳三が好きで「彼のように生きたい」とよく思う。副長の権威で冷酷に隊士処分を行う点は好きになれないが、幕府が消滅しても自分の立場を変えることなく最後まで新政府軍と闘った一途さに惹かれる。2011/01/23

はるまさ

4
目をそらしたくなるような残酷な斬りあいの描写、でも目を離せない疾走感。命の危険と引き換えに夢を追い続ける男たちの熱さと底知れぬエネルギーに引き込まれた。その一方で、人を斬り、仲間が死に、自分もいつ死ぬかわからない境遇で隊士たちが抱える寂寞とした心境も胸に迫る。全体を通して、任侠映画を見ているかのような趣があった。池田屋騒動の後、土方さんが隊士ひとりひとりの刀の刃こぼれや曲がり具合を点検して、どんな戦い方をしてたか推測するシーンが、さすが津本陽!という感じで面白かった。2013/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/513405

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。