文春文庫<br> 千日の瑠璃〈上〉

文春文庫
千日の瑠璃〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 504p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167281076
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

千の視点によって語られる「まほろ町」の千日の物語。いかなる微細なものも逃さぬ文体と、重層的な描写が開く新しい小説の可能性

内容説明

「私は風だ」「私は闇だ」―。小説の視点は一ページごとに変わる。その千の視点によってつむぎ出される「まほろ町」と、少年・世一、そして一羽の鳥の千日の物語。いかなる微細なものも逃さぬ文体と重層的な描写は、まったく新しい小説の地平を切り開いた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

6b

1
☆☆☆☆

yojohon

1
吉本隆明の本に出ていたので気に留めておりました。絶版なのか書店で買えず、密林で購入。文藝春秋の70周年記念の書き下ろし作品。わあ、でたあ、また化け物だ。1ページ1話。どれも「私は〇〇だ」から始まり、それは生き物だったり、感情だったり、物体、非物体であったり、少年世一を取り巻く小さな町の物語が1000の視点で語られる。下巻に早速参ります。あと500、何が出て来るのやら。言葉の切れ味に凄みがあるのは、1000話作り出す作者の精神の現れか。相当の覚悟がないと書けないでしょ。想像しただけで身震いする。2012/07/01

ダナヲ

0
千の視点による千の物語。借りてた本をよくやく読了、読めたことに感謝。この一切の無駄のなさはなにこれ凄い。頭の中はまほろ町でいっぱいだ。なにこれ狂いそう。あと500…化物作品だ!でも止まらない。ひーん。2012/08/30

ndj.

0
まるで千日回峰行のようなこの物語は、書くことに意義があり、書かれたことに意義があるのだろう。言葉を選び抜き、形式を整え、硬く締め上げていく様は厳しい文体修行のようであった。2012/02/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/381670

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。