文春文庫<br> 戦国名臣列伝

個数:
電子版価格
¥730
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
戦国名臣列伝

  • 宮城谷 昌光【著】
  • 価格 ¥737(本体¥670)
  • 文藝春秋(2008/04発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月20日 02時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 369p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167259204
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

血気にはやる越王句践を終始助け、最後には呉を滅ぼしつつも、ついに越には帰らなかった范蠡、祖国を失い、燕の昭王のもとで秦・韓・魏・趙との連合を組織して大国の斉を破った楽毅、趙で人質だった異人を秦の荘襄王にまで育て、秦を繁栄させた呂不韋。合従連衡・権謀術数が渦巻く戦国の世で、自由な発想に命をかけた十六人。

著者等紹介

宮城谷昌光[ミヤギタニマサミツ]
昭和20(1945)年、蒲郡市に生まれる。早稲田大学文学部卒。出版社勤務のかたわら立原正秋に師事、創作をはじめる。その後帰郷、ながい空白ののち「王家の風日」を完成。平成3年、「天空の舟」で新田次郎文学賞、「夏姫春秋」で直木賞、「重耳」で平成5年度芸術選奨文部大臣賞、「子産」で平成13年の吉川英治文学賞を受賞。平成18年に紫綬褒章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

209
中国の戦国時代の英雄群の中から 宮城谷昌光が 名臣として選んだ者たちの 列伝である。多くの英雄と多くの国が 絡み合う中国の戦国時代を著者は 上手に整理し 読者に伝えてくれるのが 素直に嬉しい..それにしても 中国の英雄は スケールが違う..そして断片的に日本人の 思想の基礎に なっている,ことを実感した本だった。2017/02/12

sakap1173

47
16人の物語。范蠡、呉起、孫臏、商鞅、蘇秦、魏冄、楽毅、田単、屈原、藺相如、廉頗、趙奢、白起、范雎、呂不韋、王翦。今まで宮城谷作品はかなり読み込んでいたので、すんなり読むことができた(初見だと難しいかも)。 個人的にはやはり藺相如、白起、呂不韋あたりの時代が楽しい。「奇貨居くべし」の世界観ですね。2022/12/19

38
05年単行本、22年電子。『諸葛亮』は当面は読まぬな。さて、春秋と比べて戦国の方は秦と秦に対抗した趙の人物が多い。戦国七雄と言いながら魏は呉起、斉は孫臏と田単、燕は楽毅、楚は屈原のみである。名臣列伝なので王位の骨肉の争いの場面は少ないが、讒言で更迭されたり殺されたりする臣下は多い。王の代替わりも危ない。それにしても、王の座は脆いが王の権威、権力はどこから来るのかと思うのだが、晋は臣下であった趙魏韓に分割され、斉は乗っ取りに遭い、周は秦の統一以前に滅んだ。周が滅んでから秦の統一まで三十年余あったんだった(続2023/09/18

つみれ

20
一口に戦乱の世とは言っても、春秋時代はまだどこか牧歌的な肌触りがあったが、戦国時代になると利己的かつ即物的、奸詐にまみれた油断のならない空気感をまとってくるようだ。自然、登場人物たちもしたたかで一筋縄ではいかないクセモノだらけとなり、こんな時代がおもしろくないはずがない。斉の孫臏や燕の楽毅のエピソードがすばらしいのは言うに及ばず。趙の藺相如、廉頗、趙奢や、秦の魏冄、白起など、セットで魅力倍増な人物もいて、この時代のことをもっと知りたくなってくる。乱世に生まれた傑物たちの凄み、迫力を感じられる一冊。2017/09/23

Mzo

14
戦国時代の名臣たちを描いた短編集。戦国七雄のそれぞれの興隆を支えた彼らの話を読むと、改めて宮城谷作品を読みたくなりますね。また『楽毅』を読み返そうかな。2015/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562940
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。