文春文庫<br> 遙か南へ

文春文庫
遙か南へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 589p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167218614
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

白血病で余命わずかの殺人犯、顔に痣のある美少女、三本腕の賞金稼ぎ──アウトサイダーにされてしまった者達の癒しを求める冒険

内容説明

はずみで人を殺してしまったヴェトナム帰りのダンは、余命いくばくもない身ながら逃避行に出た。道連れは顔半分に痣のある美少女に、ダンを追う三本腕の賞金稼ぎとプレスリーのそっくりさん。アウトサイダーにされてしまった者たちは、癒しを求めてひたすら南へ向かう。温もりと恐怖が混ざり合う不思議なロード・ノヴェル。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タツ フカガワ

40
ダンは癌に冒され余命いくばくもないベトナム帰還兵。凄絶な戦争体験で心を病み妻子とも離婚。その彼が銀行員を射殺し逃亡。まもなく腕が3本ある賞金稼ぎと、急遽彼の相棒になったエルヴィス・プレスリーに瓜二つの肥満男がダンを追う。一方ダンの逃亡に顔の右半分が紫色の痣のある女性が同行することに。恐怖もあればユーモアも涙もある物語は、著者の『少年時代』に通じる味わいで、彼ら4人がそれぞれ自分の居る場所、往く道を見つける終章もよかった。ちなみにエルヴィスそっくりさんのペルヴィスは、終盤はダンより輝いていました。2023/05/16

てまり

4
フリントかわいいよフリント。これ作者も途中から自萌えしてるでしょ。むちゃくちゃ長くて、途中からキャラや事件が自分で動き出す感じが楽しい。肌にまとわりつく空気、いらだつ心、肉体の痛み、友情や歌の楽しさが立体感をもって伝わってくる。最後はびっくりするくらいハッピーエンドだし、変なことばっかり起こる小説ですがとても楽しかったです。2020/11/27

冬佳彰

4
今朝、ふと思い出した。この物語は好きだったな。顔に痣のある娘、殺人犯、三本腕の賞金稼ぎ、プレスリーに似た男。奇妙な人間たちによるロードノベルだ。娘は、痣を消してくれるという島(だったっけ?)を目指し、彼らは心ならずもそれに巻き込まれ、道中でのトラブルを乗り越えてゆく。もちろん手術でもなく、彼女の痣はなくなるんだが、そのなくなり方がすごい。こうして書いていると、再読したくなるなあ。読んで後悔なしの本だ。

ベック

4
冗長ながら、読後感が悪くないので印象はいい。脱ホラー作家宣言後の作品だが、超自然的要素の名残りはあって、普通ではない。ロード・ノベルとしてはなかなかユニークな展開で、もうすこしヒネリが欲しいところだが清々しいラストに救われている。2016/04/24

きのっぴ

4
R.マッキャモンの脱ホラーの作品として「少年時代」に次いで読了。 久しぶりに「読書したー!」との感慨。 肉体にハンディキャップを持った狂言回しの人物を配し、ビルディングノベル としての女性主人公「アーデン」の成長小説として、感動を覚えました!! Bオフで入手しましが、この本はもう廃版ですか? もし、古本屋で見つけたら是非、手に取ってみてほしい一冊です。 お勧め本です。 2014/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/477317
  • ご注意事項