• ポイントキャンペーン

文春文庫
歴史をさわがせた女たち 日本篇 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167200404
  • NDC分類 281
  • Cコード C0195

内容説明

歴史をつらつらながめてみると、日本の女性はいつも弱かったわけではありません。和泉式部、淀君、北条政子、持統天皇、清少納言、出雲のお国、紫式部―日本史上有名な女性三十三人をとりあげ、確かな史実にユーモアをまじえて綴った愉快な女性日本史。キュウクツな歴史の定説を覆しのびやかな実像を描きだした不朽の名著。

目次

愛憎にもだえた女たち(和泉式部―王朝のプレイガール;孝謙女帝―栄光の中の孤独 ほか)
ママゴン列伝(淀君―豊臣家の猛母;橘三千代―日本一の売り込みママ ほか)
強きもの―それは人妻(一豊の妻―超大型のスタンドワイフ?;秀忠夫人・お江―戦国の世のツヨイツヨイ女性 ほか)
女が歴史を揺さぶるとき(卑弥呼―女王は目下の成長株;持統天皇―理性的で果敢なる女帝 ほか)
ケチと浪費の美徳(松下禅尼―ご立派!ケチケチ・マダム;光明皇后―日本一の浪費夫人 ほか)
勇婦三態(巴・板額―男まさりの女武者;神功皇后―幻のジャンヌ・ダーク ほか)
裏から見た才女たち(紫式部―高慢なイジワル才女;清少納言―ガク振りかざす軽薄派 ほか)

著者等紹介

永井路子[ナガイミチコ]
大正14(1925)年、東京に生れる。東京女子大学国語専攻部卒業。小学館勤務を経て文筆業に入る。昭和40年、「炎環」で第52回直木賞受賞。57年、「氷輪」で女流文学賞受賞。59年、第32回菊池寛賞受賞。63年、「雲と風と」で吉川英治文学賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エッちゃん

52
永井さんの歴史小説良いですね。日本史に残る33人の女性達を永井さんの視点で書かれていて、文章も硬くなく、ユーモがあって面白かったです。それでいて、あくまでも史料に忠実に書かれています。全く知らない方もいたので、興味ある方を長編で読んで見るのも面白いかと思います。一豊の妻、亀姫、天璋院、紫式部と清少納言の対比、今までと違った見方が出来ました。歴史の苦手な方もさらっと読めるかと思います。 2021/03/13

№9

32
男にとって女とは本当に不思議な存在だ。(でもその逆、女性たちが男たちを不思議な存在などとは思いもしていないと思う。)歴史の影に女性あり、あいや歴史を学んでいく過程で思い知らされていくのは、女性たちのその存在感である。本編は女性の手による歴史に実在した女性たちの物語で、そのぶん遠慮や余計なヨイショがなく、楽しめた。出来るだけ史実の資料による、とあるがそこは女性らしい「主観」らしきものもあふれていて(エッセイであるからだろうけど)、微笑ましい。女性たちの面白さとはまさにその主観性にあるのだから^o^2013/12/23

ロマンチッカーnao

23
先に『女性たちの貧困』を読んだ。最貧層の女性たちの貧困すごすぎた。そして、救うべき体制があまりにもひどすぎた。結果、読み終わり、精神的に落ち込んだ。そこから這い上がる為に、元気な女性の話しを読みたいと思い、この作品を読んだ。ずいぶん前の本だけど、元気な姿の女性をみれてなんか救われて気分になりました。2015/10/06

こぽぞう☆

15
図書館本。永井路子さんにちょいハマり。図書館行くたびに何冊か書庫から召喚してる。小説だと比較的気にならない、書かれた時代がかなり気になる。「奥様族」とか「ママゴン」とか。政治的な女性には背後に糸を引く男性がいるに違いないとか。40年前の著作だから仕方ないか。2019/03/19

しゅわ

14
歴史小説家・永井路子さんによる「歴史をさわがせた~」シリーズ最初の1冊。コムズカシイ教科書とは全く違う、血の通った女性たちの姿が素晴らしいです。固定観念を覆される快感がありますね。エッセイなので、当然 永井さんの好き嫌いが反映されていますが、なるべく史実に忠実に書くようにされているところも好感が持てます。発行から四半世紀は経っているため、見直しをされ、現在の学説とは違う点はありますが…いまよんでもやっぱり面白いです。歴史の入門編として自信をもっておすすめできます。2013/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/454372

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。