文春文庫<br> 幕末風塵録

電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
幕末風塵録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784167157104
  • NDC分類 210.58

内容説明

浦賀にペリー艦隊が突如、現われたのは、嘉永6年6月のこと。この黒船ショックが、その後どういう変容を受けて明治維新や現代に受け継がれて行ったか―。「戊辰戦争の敗者の慰霊鎮魂なしには、明治以後の歴史は語り得ない」とする著者が、動乱の幕末の深層を抉り、将軍から遊女まで、人々の息遺いに触れさせてくれる随想集。

目次

黒船ショック
榎本武揚と樺太
吉田松陰とテレパシー
大奥は砂糖天国
将軍の気くばり
生麦の鮮血
攘夷派と国際派
文芸春秋界隈
下北の会津藩士
慶喜揺れる
海舟疑われる
慶喜へのこだわり〔ほか〕

出版社内容情報

幕末の留学生や写真術の先覚者など、将軍から遊女まで時代の波間を生きた人々が鮮かに甦えり、彼らの吐息が聞こえてくる歴史随想集