文春文庫<br> 樹影譚

個数:

文春文庫
樹影譚

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月21日 13時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 190p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784167138097
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

自分でも不思議な樹木の影への偏愛を描いて川端康成賞を受賞した表題作ほか、秀作「鈍感な青年」「夢を買ひます」の二作を収録する

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

南雲吾朗

64
眼に入れば一瞬でしかない風景を、これ程までに精彩で美しく言葉に変換してしまう丸谷氏の表現力は、間違いなく芸術である。「鈍感な青年」は思春期の青い体験を、日常の通り過ぎて行ってしまう事柄を、常人では気付かない違う視点で観させてくれる。表題「樹影譚」は、物語の入り口は美しい文書に圧倒されるが、知らぬ間に全く別の方向へと導かれる。同作者の「横しぐれ」や、内容は全く違うがヒッチコックの「サイコ」の様な導き方である。「夢を買ひます」は、本当に何気ない日常の会話を凄く興味深く読ませる。丸谷氏の作品は本当に文章が旨い。2022/04/16

ケイ

46
村上春樹『短編小説案内』で表題作を紹介。ややこしい話。主人公は樹の影にひかれる。都心の住宅街でふと出会う、コンクリートの壁やアスファルト、また小さな公園の地面に樹の影がうつるホッとさせる光景を思い浮かばせる。そこで樹の話を書こうとするがナボコフがすでに書いている気がしてやめ、そして違う話を書き始める。ここからが長い、段々怖くなる話。作中話のキーは、継子譚。興味深い話だが、引用される比喩がまがい物で、読解が難解なため、村上春樹の解説を読み直して再読。彼の解説に感心する。なるほど、三段ロケットか。感服。2014/01/13

サンタマリア

36
面白いなぁ。歴史的仮名遣いで書かれているが、すらすらと情景が浮かび上がってくる。「樹影譚」は再読だが読んでいて楽しかったし新たな発見もあった。入れ子構造がばっちり決まってる。けれども肝になる文学論への理解が浅いため読み落としてる箇所も多分にある。これからも読み返すだろう。他2つの短編も良かったし解説も良かった。2021/10/30

Tadashi Tanohata

36
大正(14年)生まれ、昭和に活躍した作家、丸谷才一。この時代にこれ程ユニイクな作家がいたとは、たぢろぐことしきり。どうでせう。特に随所に盛り込む「小説論」が面白い。「作中人物は意思を持ち作者の心の奥をあばくといふ」最後は読者に委ねられるともある。さうだよ、さうだよと、未熟にも寄せてレビユウ。2020/10/16

D21 レム

35
「樹影譚」は、大好きな話だ。理知的なとつとつとした主人公が、話の長い平凡なありがちな、老婆の話にひきこまれ、最後は思わぬ結末に。うまいなあ!そして、小説として気持ちがいい。「鈍感な青年」は鈍感さに味がある。解説にある「文学は余裕からうまれるものだ」というのが、よーくわかる。余裕がある著者がつむぎだす物語は、なんて、読後感がいいのだろう!「樹影譚」は背景を調べて深読みしたらもっとおもしろいはず。もともと丸谷才一が好きだったが、他も再読しようと思った。2016/02/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/553206
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。