文春文庫<br> レイクサイド

個数:

文春文庫
レイクサイド

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2022年07月04日 23時40分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 278p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167110109
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

お受験合宿のため湖畔に集った四組の家族。夫の愛人が殺され、妻が「私が殺したのよ」と犯行を告白。映画化された傑作ベストセラー。

内容説明

妻は言った。「あたしが殺したのよ」―湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件。親たちは子供を守るため自らの手で犯行を隠蔽しようとする。が、事件の周囲には不自然な影が。真相はどこに?そして事件は思わぬ方向に動き出す。傑作ミステリー。

著者等紹介

東野圭吾[ヒガシノケイゴ]
1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞。2006年、「容疑者Xの献身」で第134回直木賞受賞。同書は2005年度の「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」各第一位にも輝いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

543
年々加熱する子供のお受験を上手く殺人事件に絡めた作品。人を殺そうが子供の受験の方が大事、そのためならば死体の処分なぞ何のその、と子供の将来を思う気持ちが強いばかりに生まれる歪んだエゴが渦巻く物語。4組の夫婦が集うその合宿ではどこか淫靡な香りが漂う。閉鎖された空間で異常な論理で犯罪を隠ぺいしようとする行為はしかしたった1つの事実で反転する。親は子供に一体何をしてやれるのか。いやどこまですべきなのか?真犯人を知った後では全く物語に対する感じ方が変わってしまった。またもや東野マジックにやられてしまったようだ。2013/03/17

Kircheis

419
★★★☆☆ 東野さんにしては、久々に原点回帰というか、本格テイストあふれる作品だった気がする。 映画化もされたけど、周りでは不評だった。個人的にはボリュームも適度だしラストも割と好きだけどねぇ… まぁ殺された高階英里子が可哀想すぎるし、主人公の俊介が身勝手過ぎるという点で不条理さを感じる部分はある。2019/04/30

とも

392
淡々と物語が進み、読み難さも、文中の違和感もストレスもなくサラッと読了。深い感慨もムムッと唸るトリックも無かったが読んでる間中は読者を惹きつけるのは流石、東野圭吾といったところか。でも登場人物の誰一人にも感情移入はなかったな。 とは言え、とても読みやすい一冊でした。2017/06/01

どんちん

326
解説や本人によると全ての登場人物の内面を一切、描いていない。なるほど、ちょっと違和感を感じていたことは、それだったんだ。出だしから、これは人間関係ドロドロな話なんだと思いつつも、あまりドロドロ感を感じなかったのもそれが理由だったかもしれない。逆に、そのためか、ちょっと設定にはムリがあるかなとも感じた。が、最後の最後まで真相にはたどり着けなかった私には意見できないか?!やはりどんなことがあっても、自分の子供は大切だよね。2012/10/22

nanasi

293
カバーデザインは塩谷博明さんと守先正さんです。千街晶之さんが解説をしています。たとえ血が繋がっていなくとも、父親は父親なんだと感じました。藤間の考えも俊介の考えも一理あったので、中学受験についてよく考えさせられました。2013/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/577434

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。