文春文庫<br> 探偵ガリレオ

個数:

文春文庫
探偵ガリレオ

  • ウェブストアに323冊在庫がございます。(2021年12月09日 07時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 330p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167110079
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

著者等紹介

東野圭吾[ヒガシノケイゴ]
1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

988
『名探偵の掟』、『名探偵の呪縛』の後に刊行されたのが本書。その内容はバリバリの理系本格ミステリ。先の作品で本格ミステリへの訣別宣言とも取れる文章を書きながら、直後に発表された。つまり本格ミステリからの訣別ではなく、もう1段上を目指した本格ミステリを書くという宣言だったのか。人智を超えた現象を科学の知識で人間の理解できる領域に落とし込むのがガリレオシリーズの特徴。つまりHowdunitを追求した本格ミステリ。しかしいきなり湯川が5編目でガリレオと呼ばれているのには驚いた。どこかに理由書いてあったっけかなぁ?2012/05/06

ヴェネツィア

935
人気のシリーズ第1弾。初読の第1印象は、世に名高い探偵ガリレオとはこういうものであったのかという慨嘆めいたもの。5つの短編からなり、それぞれのタイトルは動詞で表現されるところがユニーク。ミステリーとしては、殺害方法(第5章はちょっと違うが)を湯川が科学的に解き明かしてゆくもの。安楽椅子探偵ならぬ実験探偵といったところか。そこにすべてがかけられているので、動機等の弱さをあげつらうのは野暮というものだろう。また、草薙刑事と湯川助教授のコンビはそれなりに魅力的ではあるものの、いまだ十全には発揮されていないか。2020/01/08

mitei

632
色んな化学現象で殺人する方法があるんだなぁというのが感想。しかし湯川教授じゃなくても分かる人は多そうというのは禁句?2012/02/05

Kircheis

630
★★★☆☆ もはや福山雅治さんの姿でしか再生できなくなってしまったガリレオ先生が初登場する短編集。 推理小説なんだけど、犯行がどうとかより不自然な事象に科学的根拠を付けるというのが主題。 まぁまぁ面白いとは思うけど、余り記憶に残らないのが難点…好みの問題か(^_^;)2019/04/05

zero1

624
物理学者が謎解きに活躍する科学ミステリーの最初を久しぶりに再読。刑事の草薙が頼ったのは変人のガリレオ湯川。「燃える」は夜中に騒いでいた若者の髪の毛が突然燃える。赤い糸を見たという証言は何を意味する?デスマスクに関する「転写る」はご都合主義か。「壊死る」は完全犯罪を湯川が阻む?「爆ぜる」は海水浴場での爆死とアパートでの殺人の関連。「離脱る」は殺人事件で有力証言の少年が幽体離脱した?解説は湯川のモデル佐野史郎。視点の変化などについて述べている。理系の東野らしい発想。こうした作品が理数科離れを防ぐ?2019/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/581064

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。