文春新書<br> 韓国エンタメはなぜ世界で成功したのか

個数:
電子版価格 ¥1,001
  • 電書あり

文春新書
韓国エンタメはなぜ世界で成功したのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 00時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 264p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166613472
  • NDC分類 770.9
  • Cコード C0295

出版社内容情報

近年、韓国発のエンターテインメントの世界的な活躍のニュースは毎日のように目に入ってきます。7人組ボーイズグループBTSの国連でのスピーチやパフォーマンス、Netflixドラマ『イカゲーム』や『愛の不時着』の世界的ヒット。髪型やファッションをK-POPアーティストに寄せることも今では珍しくありません。その韓国エンタメ産業の躍進は、実は韓国社会の変化と大きく結びついています。
◎1980年代の民主化運動による「表現の自由」の拡大 ◎1997年アジア通貨危機、IMFショックによる韓国産業界の変化(輸出強化とIT化)。そして2010年以降顕著になった世界のデジタル社会化。こうした社会の変化が韓国のエンタメ産業にどのような影響を及ぼしたのか、本書前半ではBTSをプロデュースしたパン・シヒョク氏や、韓国エンタメ産業界の巨人・CJグループのイ・ミギョン氏など立役者たちのプロフィールを交えつつ、具体的に描かれます。一方、本書の後半では、世界的なビジネスとなった韓国エンタメ界に残る負の面に目を向けます。韓流スターの性接待や、オーディション番組における不正操作。相次ぐ女性スターの自死。こうした問題もまた、韓国社会の変化のなかで、取り上げられ方が変化してきました。とりわけフェミニズムの広がりによる女性の権利意識の高まりは大きなポイントになっています。その他兵役や韓流スターたちと政治との関りなど、韓国のエンタメ界と韓国社会との密接なつながりへの理解が本書によって深まります。
また最終章では日本のエンタメコンテンツが韓国でどのように受容されているかがレポートされます。厳しい現状から、いま日本に求められているものは何かが見えてきます。

筆者は2000年に『好きになってはいけない国』を上梓し、禁じられながらも日本のコンテンツを愛する韓国の若者たちをルポしたジャーナリスト。長く韓国に住み、その社会とエンタメ産業の変化を目の当たりにしてきました。

内容説明

アイドルグループの席巻、テレビドラマの流行、そして国際映画賞の連続受賞。次々と現れる韓国エンタメのトピック。その成功(と事件)は、韓国社会の激変、世界のデジタル社会化と深くつながっていた。在韓ジャーナリストが丁寧に読み解いた。

目次

第1章 「グローバル韓流」のはじまり
第2章 デジタル化の波に乗る
第3章 なぜ韓国ドラマが人気なのか
第4章 K‐POP界のキーマン
第5章 韓国エンタメの次世代戦略
第6章 アンタッチャブルになった韓流スターたち
第7章 悪質リプライと女性嫌悪に苦悩する女性スターたち
第8章 大きくなる韓流スターの政治的影響と「ブラックリスト」
第9章 韓国における日本のエンタメの現実

著者等紹介

菅野朋子[カンノトモコ]
1963年生まれ。中央大学卒業。カナダ、韓国に留学。出版社勤務、「週刊文春」記者を経てフリーに。ソウル在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遊々亭おさる

23
韓国生まれの映画や音楽が次々と日本に輸入され人気を博し、その人気は日本に留まらず世界を相手に通用するエンタメ一大王国となった韓流エンタメ。それは経済危機のピンチをチャンスに変え、デジタル化の波をいち早く捉え適応して世界を見据えてきた戦略の勝利。ことエンタメに関して韓国は日本の背中を追いかける存在ではない。光があれば闇がある。急激な時代の変化に対応出来ずに露になった韓国芸能界の闇は、韓国と同じく儒教の影響を受けてきた日本にとっての他山の石となるか。女性憎悪もネットの闇も性犯罪も日本でも起きていることだしね。2022/04/19

ののまる

5
韓国エンタメに詳しくないのに読みましたw 中国や韓国のエンタメの急成長がすごい。いつまでも日本のことを憧れて追いかけているなどという一昔前の手前勝手な幻想を持ち続けていると、少子化のいま、国内需要でどれだけ生き残っていけるのだろうかと心配になってきます。2022/07/03

いなちゅか

1
最近の韓国ブームの理由を知りたかった。最初から海外進出を狙う姿勢が功を奏している。一方で闇の部分の著述がイマイチ物足りない 2022/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19149573

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。