文春新書<br> 平安朝の事件簿―王朝びとの殺人・強盗・汚職

個数:
電子版価格
¥950
  • 電書あり

文春新書
平安朝の事件簿―王朝びとの殺人・強盗・汚職

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月21日 13時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 267p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166612857
  • NDC分類 210.37
  • Cコード C0295

内容説明

雅なイメージのある平安朝で巻き起こる凶悪な犯罪の数々。治安を司る検非違使の長(別当)藤原公任の残した文書には、貴族社会の最下層に生きる人々のリアルな声が記されていた。暴力が跋扈する平安社会の裏の姿が蘇る。

目次

河内国の夜討ち
他人の水田の稲を刈り盗る狼藉者たち
高利貸の横暴な取り立てに苦しむ未亡人
財産を差し押さえられる摂津守の郎等
郎等に裏切られた近江介
放火・殺人をたくらむ大和国のごろつきたち
ある郡司の災難
難破船を襲撃する人々
海賊の常習犯
拘留していた犯罪者を逃がした責任
獄舎に入れられる人々
大和守の郎等を殺した「凶党」
地方で作られる王朝時代

著者等紹介

繁田信一[シゲタシンイチ]
1968年、東京生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。現在、神奈川大学日本常民文化研究所特別研究員。東海大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

23
平安時代怖い。著者の『殴り合う貴族たち』から、雅ではない貴族の実態について知ることが出来たものの、今回はその外で生きていた人々に視点が当てられる。『都の中だけを見ても、武士たちが鎌倉幕府によって統制されるようになる鎌倉時代に比べて、王朝時代の方が、武士たちが野放しになっていたのかもしれない。』平安時代=貴族の世という固定観念。検非違使別当藤原公任が残した文章の裏紙(公文書)から、王朝時代の武者たちをみていく。そこで起きた様々な事件と人々の訴え。そこで生きていた人々がいたからこそ、次の時代があるのだと感じる2020/11/14

ようはん

19
主役となるのは藤原道長の時代における下級貴族や地方の豪族。しかし辻斬りに強盗に海賊行為等の暴力犯罪行為が日常茶飯事である事が紹介され、源氏物語や枕草子で描かれる平安時代の貴族達による煌びやかなイメージはごく限られた一部の世界でしかない事が分かる。武士の時代は実質的に始まっていたとも言えなくもない。2023/10/29

香菜子(かなこ・Kanako)

18
平安朝の事件簿 王朝びとの殺人・強盗・汚職。繁田 信一先生の著書。平安朝で凶悪な犯罪は数多く起きていた。殺人強盗汚職。時代に関係なく起きる凶悪犯罪。私利私欲や怨恨と紐づいた凶悪犯罪が起きてしまうのは人間社会の宿命なのかもしれない。遠い未来の人間社会では凶悪犯罪がなくなっていることを願います。2023/08/18

MUNEKAZ

18
藤原公任が検非違使を務めた際に遺した文書から、平安時代の畿内近国で起きた様々な事件を紹介した一冊。全編を通して悪人、悪行のオンパレードでめまいを覚えるのだが、事件の根本には受領と郡司の対立など、荘園制の内包する矛盾が多いのが印象的。また「犯人」を捕まえても、繰り返される恩赦によってすぐに放免となり、犯罪の抑止としてあまり機能していないようにも思う。結局のところトラブルを抱えた荘園領主は、こうした犯罪経験豊富な輩を雇い入れ、暴力の連鎖が止まらない。そして、これの行く着く先に「武者の世」がある。2022/07/27

bapaksejahtera

13
何百年死刑執行のない平和安穏な時代と思われ勝ちな平安時代が、実は治安のかなり危うい時代であった事を、当時公権力執行の唯一機関として警察検察裁判及び刑執行に当った検非違使の文書から説く。それらの公文書は、法定保存期間を経た後、用紙の裏面を用いて著された文学作品原稿として偶然残された。これらから窺える当時の社会の様相は、来るべき武士の時代を暗示する不安定な物。脆弱な公権力が、自検断を主張する諸々の勢力と鬩ぎ合う、矛盾だらけの有様を示す。様々な刑事事件が、解り易く現代語化された多くの事例により説かれる。良書だ。2022/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16726916
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。