文春新書<br> 江戸のいちばん長い日―彰義隊始末記

個数:
電子版価格 ¥896
  • 電書あり

文春新書
江戸のいちばん長い日―彰義隊始末記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 15時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166611669
  • NDC分類 210.61
  • Cコード C0295

出版社内容情報

新政府が徳川家を屈服させられたのは武力で鎮圧したからだった。「無血開城」神話に隠された江戸最後の戦争の意味を掘り起こす。わずか半日の戦争が、日本の近代史を変えた!

今年は明治維新から150年。ということは江戸城の無血開城から150年。
すなわち、1868年の旧暦5月15日、江戸で行われた最初で最後の戦争、彰義隊の戦い(上野戦争)から150年ということなのです。

「勝海舟と西郷隆盛の頂上会談により江戸城総攻撃が回避された」
明治維新といえば巷間、そう伝えられています。しかし実際は江戸城が炎上しても不思議ではありませんでした。
くすぶる幕臣の不満、深まる新政府と幕府側の対立、勝海舟と息づまる西郷の駆け引き……。

幕臣の不満分子が、それぞれの思惑を抱きつつ彰義隊を結成。
江戸っ子も彼らを支持しました。
そして東京・上野の寛永寺で、彰義隊と新政府が激突。戦場はじつに悲惨なものでした。

わずか半日で勝負はつきましたが、ここで新政府が武力を見せつけたことで、徳川家の静岡移封が実現するなど、その影響は多大なものでした。

慶喜が大阪から逃げ返ったときから始まり、敗れた隊士の後半生までを、資料や同時代を生きた渋沢栄一や高村光雲などの目を通して、生き生きと描きます。

安藤 優一郎[アンドウ ユウイチロウ]
著・文・その他

内容説明

一日もかからず終わったために軽視されがちな彰義隊の戦い。だが、この江戸最初で最後の戦争こそが、新政府と徳川方が覇権をあらそった戊辰戦争の帰趨をきめたのである。薩長が主役とされる明治維新史の裏側に隠された首都決戦の大きな意義を、一五〇年目のいま明らかにする。

目次

第1章 徳川慶喜、江戸へ逃げ帰る―戊辰戦争のはじまり
第2章 彰義隊結成―江戸に迫る新政府軍
第3章 薄氷の江戸城無血開城―新政府軍参謀・西郷隆盛の苦衷
第4章 江戸で孤立する新政府―高まる彰義隊の人気
第5章 彰義隊、最期の日―戊辰戦争の天王山
第6章 明治を生きた彰義隊士―上野公園の西郷銅像

著者等紹介

安藤優一郎[アンドウユウイチロウ]
1965年、千葉県生まれ。歴史家。文学博士(早稲田大学)。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業、早稲田大学文学研究科博士後期課程満期退学。江戸をテーマとする執筆・講演活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kawa

29
(再読)初読忘れのナンチャッテ再読だが楽しく読了。初読での「歴史に名高い西郷・勝による江戸城総攻撃回避会談は攻撃延期を決したにすぎない。半日で帰趨が決した戦い、夜まで彰義隊が戦線を維持したら異なる結果も。徳川家の扱い、官軍の江戸進駐軍は穏健、京都残留派は強硬を主張。彰義隊の主要守備地に立つ上野公園・西郷像(高村光雲作)は明治22年大日本帝国憲法の発布に伴う大赦がきっかけで設置など」に加え、江戸庶民の圧倒的徳川びいき、戦いの帰趨を決したのは正午過ぎに投入された佐賀藩のア-ムストロング砲の威力等。2021/04/09

樋口佳之

27
江戸城が攻撃されて、江戸が火の海にならなかったのは結果論に過ぎなかった。実際は全く違う/寛永寺の東側は兵を置かずに空ける形を取った。兵力不足に加えて、逃げ道を作ることで、決死の抗戦を防ごうという目論見/2018/06/14

skunk_c

26
彰義隊と新政府が衝突した上野戦争だけでなく、そこに至るまでの江戸無血開城と、その後の当地を巡る旧幕府と新政府の駆け引きが詳述されている。彰義隊の実態や分裂がかなり詳しく書かれているだけでなく、上野寛永寺の位置付け、勝海舟の動き、西郷隆盛の立ち位置、パークスの働きかけ、徳川相続問題、三条実美や大村益次郎の役割、天璋院の反薩摩など、江戸視点の幕末史といった趣。奥羽越列藩同盟以降の戊辰戦争の顛末にも目配せが効いており筆致も軽やかで読みやすい。新政府側から書かれやすいこの頃の話を、違った角度から眺め直すのに良い。2018/05/26

舞人(maito)

22
司馬作品の熟読者なら思い出すかもしれない。明治前夜、無血開城された江戸城の元、江戸は無抵抗で新政府のものになってはいなかった。いや、むしろ薩長は江戸を掌握することができず、見えない恐怖におびえ続けていたのだ。江戸城を明け渡しても、勝海舟たちはあきらめてはいなかった。慶喜復帰への運動、剛柔織り交ぜた薩長への揺さぶり、卓抜な外交術・・・知られざる旧幕府勢力の巻き返し運動、あと一歩の所まで来ていた慶喜復帰、そして鍵を握っていた彰義隊の実態などなど、知られていない明治前夜の江戸の攻防劇。オススメの1冊だ。2018/06/20

fseigojp

18
上野の山のたたかい 一日で終わったとは知らんかった2018/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12787972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。