文春新書<br> 帰宅恐怖症

電子版価格 ¥815
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春新書
帰宅恐怖症

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166611331
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C0211

出版社内容情報

放置すれば別居か離婚。帰宅恐怖症になりやすい夫のタイプ、夫を帰宅恐怖症にしやすい妻のタイプを解説し、男女別の対処法も伝授。

内容説明

常に妻の顔色をうかがい、妻とのやりとりに疲れ、帰宅が億劫になり、仕事が終わっても会社に居残り、まっすぐ家に帰らず、わが家を目の前にしても近くの公園のブランコで家の灯りが消えるのを待つ…放置すれば、いずれ「別居」か「離婚」。病のメカニズムを解説し、対処法も伝授。

目次

第1章 「帰宅恐怖症」とは?
第2章 「妻が怖い!」夫たちの体験談
第3章 「夫から怖い!と言われた」妻たちの体験談
第4章 夫が「帰宅恐怖症」になるメカニズム
第5章 「帰宅恐怖症になりやすい」夫のタイプ10
第6章 「夫が帰宅恐怖症になりやすい」妻のタイプ10
第7章 「帰宅恐怖症」チェックポイント
第8章 「帰宅恐怖症」脱出作戦―「妻が怖い」夫へ
第9章 「帰宅恐怖症」解決法―「夫に怖がられている」妻へ

著者等紹介

小林美智子[コバヤシミチコ]
夫婦問題カウンセラー。1959年、神奈川県生まれ。普通の主婦から夫婦問題カウンセラーに転身。男女の違いや育った環境の違いからくる夫婦のすれ違いに着目して、夫の気持ち妻の気持ちがよくわかる、カウンセリング活動、講演活動、執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おかむら

41
夫婦問題カウンセラーが書いた本。やたらチェックポイントの数が多くてしかも似たような事ばかりなので読んでて飽きる。新書なのに女性週刊誌の特集記事を読んでるよう。気の強い妻と口下手な夫の組合せはわりと世間にありがちだと思うけど、帰宅恐怖も過渡期のことで、大抵の夫婦は結婚生活が長くなればお互い諦めて暮らして行くんだと思うなー。年取れば帰宅ってか毎日家にいるわけだしな。2017/08/10

リキヨシオ

31
家に帰りたくない、何故なら妻が怖いから…夫が「帰宅恐怖症」を患ったその先にあるのは別居か離婚。「妻が怖い夫」や「夫に怖がられる妻」が増えている原因には男女のコミュニケーションの取り方の違いにある。夫は妻が怖くなる以前の段階で妻からの信号に気付かず、妻は自分が夫に怖がられている事に気付かない。そして夫婦喧嘩に関しても「闘うか?逃げるか?」の夫側の考えに対して「話し合い、言い合い→分かり合える」と妻側の考えがある。・自分の気持ちを書き出す・「怖い」の一言を言う。などの速い段階の対応が大事。2017/11/09

21
バリバリ当てはまるやん笑。妻の顔を見て家事に勤しむ日々。自分が休んでて妻が働いているとドキドキしてしまう。争い事はなるべく避けようと従うことも多し。私自身も治さないといけないところは多々ある。まず妻を褒めてやることがほとんどなかったな。本書には「争う事を恐れるな。言いたいことは言え」とあるがまず自分の非を考えることが1番だな。理不尽も間違いなくあるのだが…。理想としては2人で読んでお互い治すだが、それは難しいかな。帰宅前のカフェでの読書の時間より家庭での時間が1番の癒しにできるようまず褒めてやろうと思う。2020/10/25

mazda

20
自宅にもどりたくない夫と、なぜもどってこないのかわからない妻、という図式の夫婦にスポットライトを当てていますが、こんな夫が帰宅恐怖症になりやすい、こんな妻が帰宅恐怖症の夫を作りやすい、ということがそれぞれ細かく出ています。結論としては、「男性が弱く女性が強い」夫婦がこうなりやすいそうです。帰宅恐怖症の夫に対する作戦10カ条が書かれていますが、「「怖い」の一言を言え!」には深いものを感じました。そう、その一言が言えない大人しい夫だからこそ、妻に虐げられても我慢してしまうのでしょう。2017/09/07

謙信公

18
自分が男なのでどうしても男目線になってしまうのはご勘弁を。夫が「帰宅恐怖症」になりやすいのは、夫婦ともに真面目で「男性が弱く、女性が強い」組合せだという。症状が悪化していく最大の原因は、「夫に怖がられている」ことに妻がまったく気づいていない、という点。夫は謝っても謝らなくても妻を怒らせ、心底分からなくなる。妻は、自分の思いを夫に分かってもらおうと必死に頑張るが、ここまで何も分かっていないとは思っていない。男女の違いから生じるギャップ。どちらが悪いわけでない。世の男どもよ!しっかり胸を張って、堂々と生きろ!2021/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11939485

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。