文春新書
天下之記者―「奇人」山田一郎とその時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 378p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166606214
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0223

内容説明

「政治の早稲田」をつくったのに、自ら衆院選に立候補すれば結果は九十六票。東大出の元祖フリージャーナリストでもあった秀才「奇人」のおかしくもヒネクレた、その人生。

目次

1 「奇人」山田一郎
2 安藝府中の英学少年
3 東京大学前史
4 東京開成学校から東京大学へ
5 鴎渡会結成
6 改進党と東京専門学校
7 早稲田の移転騒動
8 静岡、そして富山
9 放浪時代
10 落魄、そして死

著者等紹介

高島俊男[タカシマトシオ]
1937年生れ、兵庫県相生出身。東京大学大学院修了。中国語・中国文学専攻。大学教員をへてフリー。著書に『水滸伝と日本人』(第5回大衆文学研究賞)、『本が好き、悪口言うのはもっと好き』(第11回講談社エッセイ賞)、『漱石の夏やすみ』(第52回読売文学賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。