文春新書<br> ネット未来地図―ポスト・グーグル時代20の論点

文春新書
ネット未来地図―ポスト・グーグル時代20の論点

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166605958
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0295

内容説明

販売、広告、メディアを先端技術で革新し、人々の暮らしを劇的に変えてゆく「ウェブ2・0」。一方、存亡の危機に瀕したTV、新聞、雑誌―。激動のネットビジネス最前線をレポート。その先のビジネスの可能性について、現時点で判断できるすべての要素を加味し、ウェブ2.0の今後の方向性と将来性を、徹底的に洗い直した。書かれている論点は、それらビジネスの実現可能性を包括的にとらえる試みである。

目次

ビジネスとインターネット(amazon―アマゾンが日本のオンラインショッピングを制覇する;Recommendation―お勧め(レコメンデーション)とソーシャル(人間関係)が融合していく
行動ターゲティング―行動分析型広告は過熱し、ついには危うい局面へ
仮想通過―電子マネーはリアル社会をバーチャルに引きずりこむ)
インターネット業界(Google―グーグルvs.マイクロソフト 覇権争いの最終決着;Platform―携帯電話キャリアは周辺ビジネスを食い荒らしていく;Venture―日本のネットベンチャーの世代交代が加速する;Monetize―ウェブ2.0で本当にお金を儲ける方法)
メディアとインターネット(YouTube―ユーチューブは「ネタ視聴」というパンドラの箱を開いた;動画―動画と広告をマッチングするビジネスの台頭;TV―日本のテレビビジネスはまもなく崩壊する;番組ネット配信―NHKが通信と放送の壁をぶち壊す;雑誌―雑誌とインターネットはマジックミドルで戦う;新聞―新聞は非営利事業として生き残るしかない)
コミュニケーションとインターネット(Second Life―セカンドライフバブルの崩壊する時;ネット下流―携帯電話インターネット層は新たな「下流」の出現;Twitter―「つながり」に純化するコミュニケーションの登場;Respect―「リスペクト」が無料経済を収益化する)
未来とインターネット(リアル世界―検索テクノロジーが人々の暮らしを覆い尽くす;Wikinomics―集合知ウィキノミクスが新たな産業を生み出す)

著者等紹介

佐々木俊尚[ササキトシナオ]
1961年、兵庫県生まれ。早稲田大学政経学部中退。88年、毎日新聞社に入社。警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件やテロ事件の報道に携わる。99年、アスキーに移り『月刊アスキー』編集部勤務を経て退社。現在、フリージャーナリストとしてIT・ネット分野を精力的に取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。