文春新書
お坊さんだって悩んでる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 278p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166605187
  • NDC分類 188.84
  • Cコード C0295

出版社内容情報

「愛犬の遺骨を先祖代々の墓に入れてよい?」「厄落としやお守りは本当に効く?」「お寺に定休日はあってよい?」……お布施の金額、愛犬のお墓、夫の散骨、死刑やボランティアへの考え方など、お寺に持ち込まれる様々な悩みに、現役僧侶で芥川賞作家の玄侑氏が答える問答集です。

内容説明

お葬式、お墓、ペットの埋葬問題から、死刑やボランティアへの考え方まで、お寺に持ち込まれる様々な悩みに玄侑和尚が答えます。ややこしい現代を生き抜くための道標となる人生問答集。

目次

第1章 お葬式とお墓―お寺はお葬式を出すところ。お墓のあるところ。でも現代人にとって、お葬式やお墓はどんな意味があるの?自由な形式に変えるのは悪いこと?
第2章 お布施の値段―「お寺に納めるお金は法外に高い」「意味も解らずに、高いお布施をとられている」など、お金について言いにくい疑問と誤解を、はっきりさせたいのですが…。
第3章 現代社会の生と死―死刑について、自衛隊について、大震災や大事故についてなど、現代の問題をどうとらえたらよいか迷ったとき、仏教ではどのように説いてくれるの?
第4章 お寺の本当の役割―お葬式とお墓のほかに、お寺は何をしてくれるの?
第5章 伝統と習慣を見直す―お寺や僧侶が継承している文化や伝統には、どのような意味があるの?現代でもそれを守ることは必要なの?
第6章 お寺の後継者と檀家―一般家庭でもお寺でも、長男が家を継ぐのが当たり前ではなくなったご時勢。娘の跡継ぎ、後継者の育成など、変化をどのように受け容れたらいい?

著者等紹介

玄侑宗久[ゲンユウソウキュウ]
1956(昭和31)年、福島県三春町生まれ。慶應義塾大学文学部中国文学科卒業。さまざまな仕事を経験した後、京都の天龍寺専門道場に入門。現在、臨済宗妙心寺派福聚寺副住職。2001年、「中陰の花」で芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くさてる

13
お坊さんによるお坊さんのための悩み相談。相談内容こそお坊さんの立場から…というものですが、それに対する答えは、一般の人々にも参考になるもの、という感じで面白かったです。現代日本での僧侶の立ち位置、みたいなものもなんとなく見えてくるような内容でした。2014/10/13

showgunn

11
お坊さんが全国のお坊さんからの悩み相談に回答する、という閉じられた世界の話のようでありながら、著者の答えは過剰に道徳的であったりまた露悪的であったりすることなく常に現実的でバランスよく、日々の生活の中でどうやっていくか、という点でお坊さんではない自分にも得るところの多い本でした。 どうも最近、悩み相談等では一刀両断するような回答ばかり持て囃されてて、そりゃ言うのは勝手だけど現実にそんなことできんのかよ、と思うことが多いのだけど、この本はちゃんと悩みへの「回答」を与えているところが素晴らしいと思います。2016/08/05

むた

9
お坊さんのお坊さんによるお坊さんの為の悩み相談。とは言えお坊さんではない自分にも心に響く文章がたくさんあった。偉そうに悩みを一刀両断にする悩み相談は読みたくもないが、これはまず文章が素晴らしい。語りかけるような文体ではっとするような問い掛けが随所に散りばめられている。お正月の話には鳥肌が立ちました。期待せずに読み始めたけど思わぬ拾い物をした気分。拾い物とか言ったら芥川賞までとってる著者に失礼極まりないけども。2016/11/02

Kazyury

9
禅的生活の玄侑和尚さん。 タイトル通りの内容で、お坊さんによる(主に)お坊さんのお悩み相談室。 菩提寺とまともな付き合いもない、都会に出てきた根無し草の自分には、お坊さん界ならではの悩みとそれに対するお説教が、いままで想像もしたことの無かった世界観を見せてくれた。 坊主丸儲けなんて、自分が何となく持っていた偏見は誤りでした、ゴメンナサイ。反省して私も3日前に丸坊主にしました(笑)。2016/08/16

ψ根無し草

9
お坊さんから寄せられたユニークな悩みが数多く登場。しきたりや葬式のスタイル、檀家の事など住職ならではの相談から、跡継ぎ問題やマナーの話などお坊さんでなくとも悩んでしまうような悩みまで。読んでて考えさせられる部分も多く面白いだけではなく濃い内容だった。読んで間違いなく損はない良書です。2015/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/519397
  • ご注意事項