文春新書
スーツの神話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 236p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784166600960
  • NDC分類 383.1
  • Cコード C0295

内容説明

1666年10月7日、時のイギリス国王・チャールズ二世の「衣服改革」によって、この世に新しい服が生まれた―。以来、現代と同じ「スーツ」が十九世紀後半に登場するまでのイギリス男性服の変遷をたどり、スーツの魅力と奥深さを考える。貴族の処世術としての服から、ダンディとジェントルマンの闘い、フランス革命をへて、スーツがいかに歴史の荒波をのりこえ、現在の形に完成したのかを探る。

目次

第1章 ホームレスも着るスーツ―現代のスーツをめぐる三つの謎
第2章 チャールズ二世の衣服改革宣言
第3章 エレガント・ジェントルマンとマカロニ―スーツの可塑性の起源
第4章 脚線美よさらば
第5章 カントリー・ジェントルマン
第6章 ダンディズム―ブランメルなんか怖くない
第7章 スノビズムと階級闘争―社交界の掟、あるいは排除のからくり
第8章 ヴィクトリアン・ジェントルマンの逆襲
第9章 労働者よ、おまえもか
第10章 胡服してえびすを征す―明治初期の日本におけるスーツ受容
第11章 スーツの下剋上
第12章 「服なんか」と言う前に―三つの謎は解けるだろうか?

出版社内容情報

今や、世界の男たちの「制服」となりつつあるスーツ。そこにはどんな歴史が、神話が、秘められているのか?スリリングなスーツ論