茶柱の立つところ

個数:
電子版価格
¥1,599
  • 電書あり

茶柱の立つところ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月24日 08時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163918174
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

コロナ禍前から半分隠居状態、同居の猫とも少々ディスタンスあり気味な関係。たまに出かけることもあるが、基本的にひとりで過ごす。事件と呼べるほどのことは何も起きない極めて平穏な日々。そんな生活の中でふと見つけた「茶柱」のような、ささやかな発見や喜びを綴ったエッセイ集。

インスタグラムに現れる動物にほのぼのし、絶景に縮み上がる。ベランダ菜園で生まれてきた野菜たちを親父気分で歓迎する。気のおけない先輩たちとの「婦人会」で、暑苦しくなくお互いを応援し合う。幼なじみとのバスツアーで「おつまみこんぶ」とバスガイドの素晴らしさを噛みしめる。キャットタワーが捨てられなくてひとり途方に暮れる――。日常を面白がろうとする姿勢から生まれた、ユーモアあふれる着眼点に思わずクスッと笑ってしまうこと間違いなしの一冊です。

【プロフィール】
小林聡美(こばやしさとみ)
1982年、スクリーンデビュー。以降、映画、ドラマ、舞台で活動。主な著書に『ワタシは最高にツイている』『散歩』『読まされ図書室』『聡乃学習』『わたしの、本のある日々』など。

内容説明

地味でマニアックで新鮮な驚きに満ちている、「いつもの暮らし」を綴ったエッセイ集。

目次

1 挑戦と発見のステイホーム(思い込み;ズームで大海へ ほか)
2 寄り合いのお楽しみ(婦人会;歩く姉妹 ほか)
3 私は私のパンを買う(猫の毛皮;老眼 ほか)
4 未来へ連れていかれる日(買い物;たっぷり生きる ほか)

著者等紹介

小林聡美[コバヤシサトミ]
1982年、スクリーンデビュー。以降、映画、ドラマ、舞台で活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

140
私の中のイメージ通りの小林聡美さんが在た。読み易くて、うんうん頷く事が多くて・・でも、えぇーってこともあった(当たり前)くくっとしたり、フフッとしたり、おぉ~、ほぅ、だよねぇ・・と毎日少しずつ小林さんの「いつもの暮らし」を堪能した。『ありきたりな日々のどこかに、ときどき茶柱が立ちますように。』じんわりと沁みるなぁ。しばらく茶柱も見ていない私の暮らし(汗)2024/06/16

Karl Heintz Schneider

39
わーいわーい!うれしいな~。待ちに待った聡美さんのエッセイだ~。小説にハマる前は、よく色々な人のエッセイを読んでいた。その中でも聡美さんの作品は、ずば抜けて面白かった。手あたり次第読んだのは、もう10年以上前になるだろうか。ここのところ著作が少なくて寂しく思っていたので本書の存在を知った時には小躍りした。特に大きな事件が起こるわけでもなく人間ひとりと猫の穏やかな生活が描かれている。そんな中でもバスツアーに参加したりチェンマイに旅したりと行動力旺盛な一面も。そこで出会った人たちの言葉に耳を傾ける聡美さん。2024/05/01

る*る*る

20
同世代。小林さんのエッセイに共感する所多々ありで、ほぼ読了。今回もうなづきながら読了です。『少々、雑で、ぬけているほうが茶柱が立ちやすいようだ。ありきたりな日々のどこかに、ときどき茶柱が立ちますように。』歳を重ねる度に、ありきたりな日々の幸せを実感する。そんな生活に小さな幸せを見つけて、喜んで行きたい。2024/07/22

たっきー

17
コロナ禍に書かれたエッセイ。普段の生活のことが中心だが、年齢を重ねて感じられる身体の変化、写真の写りの変化、所有物の管理等についての文章に、私もこの先こういう風に感じることが出てくるのだろうと思いながら読んだ。病気をしたときに、ひとりで死んでいくんだなと、ある種の覚悟をされるところが切なくもあった。2024/05/14

ふわりん

16
小林聡美さんの何か著書をかなり以前に読んだ気がするけど、覚えてないのでほぼお初ということで。。。私がTVで観るあの雰囲気から感じるそのままのエッセイ集だった。でもけっこう何かとこだわりがあるみたいで、色々な情報(洗髪できる台湾石鹸とか大正時代から続く体操とか)を知ることができたりして面白かった。小林さん、ジムじゃなくて近所の集会所に行って体操してるのも、ベランダが小さな植物園になってるのも楽しそう。生き急がないでゆっくり、頑張り過ぎないで、今やりたいことをちゃんとできたらいいなぁと読み終わって思った。2024/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21843401
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。