孤独の宰相―菅義偉とは何者だったのか

個数:
電子版価格
¥1,599
  • 電書あり

孤独の宰相―菅義偉とは何者だったのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 09時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163914800
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

菅義偉はなぜ総理の座を追われたのか。岸田、安倍、麻生との確執、河野、小泉との関係など、著者しか知らない極秘エピソードで綴る。

内容説明

「岸田に改革はできない」―。菅は、「岸田は総理に相応しくない」とたびたび漏らした。その真意はどこにあるのか、なぜその岸田に負けたのか。安倍・麻生との確執から、河野・小泉との本当の関係まで、担当記者だからこそ書ける菅義偉の実像。

目次

第1章 “令和おじさん”の誕生
第2章 辞任ドミノの衝撃
第3章 安倍総理との亀裂
第4章 第99代総理大臣/第5章 コロナとの苦闘
第6章 なぜ総理の言葉は届かなかったのか
第7章 苛烈な“菅おろし”
第8章 最後の10日間

著者等紹介

柳沢高志[ヤナギサワタカシ]
1977年3月、静岡県生まれ。幼少期をブラジル・サンパウロ、高校時代を香港で過ごす。2002年東京大学大学院修了後、日本テレビ入社。入社後は、警視庁記者クラブ、横浜支局で事件記者、『真相報道バンキシャ!』などニュース番組のディレクターを担当。2012年からニューヨーク特派員、2015年に政治部へ異動。官邸クラブで官房長官番、その後、与党クラブ、野党担当キャップを経て、現在は与党担当キャップを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kei-zu

21
比類なき実務者であったと、間近でその仕事ぶりを見た著者は「孤独な宰相」に寄り添う。 国民の理解が十分にいたらなかったことが党内の政治的力学を急激に変化させたと著者は説くが、それはいみじくも本書で指摘されるように、発信の不足を原因とするものではなかったか。 強みと弱みは表裏一体。そんなことを考えさせられる。2022/01/09

12
「国民のために、次世代のために」国民の負託を受けて国会議員となったのだから、誰かの方針に従うのではなく、自らの考えにのみ縛られるべきだと信じていた。「不言実行」菅さんにはピッタリだが、リーダーとしてはそれが仇になってしまった。「もう少しうちで預からせて下さい」秋田の実家まで頭を下げた師とのエピソードで感じたものが、政治家の原点なのだろう。格安スマホ、不妊治療と直接恩恵を感じることがあった。コロナという未曾有のウイルスに翻弄された菅政権。もう一度菅さんが1番力を発揮するポジションで暴れていただきたい。。 2023/12/10

ゆう

12
菅政権は数多くの重要な仕事を多く成し遂げ、レガシーをつくった政権だったと思う。しかしそれは振り返ってみてあらためて思えることで、当時の私の目線からは、考えに軸がなく、場当たり的な対応を繰り返す政権に見えたことを思い出す。つまるところ、政権基盤のひ弱さばかりが目立っていた。ワクチン政策や五輪開催に、ちらと菅の本気度が見えるような気もしたが。当時はまあ大変だったのでそれには気づかない。菅自身、国民から理解されないことに失望があったようだが、逆もそうだったのだ。将に将たる資質を備えることの難しさ。政治の難しさ。2022/07/10

みじんこ

11
菅義偉と密接な関係にある記者によるドキュメント。岸田への意外な対抗心や不言実行で実績を残したことも分かる。基本的には同情的な書き方だが、6章のなぜ総理の言葉は国民に届かなかったのかという話が印象深い。序盤にもあったように、コロナで国民が一番不安だった時期に、「国民に寄り添い、不安を雲散霧消させるリーダーの血の通った言葉」を伝えるのが上手ではなかったというのが全てだと思う。緊急登板せずに、当初の予定通り勉強と著書出版を経てからであれば国家観を養えたかも、などたらればだが長期政権にできた可能性もあっただろう。2021/12/19

バルジ

8
第一級の政治ドキュメントであり「菅義偉)という一人の政治家を語る上で必読の1冊。著者は官房長官番として日々接した「菅義偉」という政治家をその人格まで踏み込んで活写する。本書を読むといかに「菅義偉」という政治家が政治を趣味とする政治的人間であり、「当たり前」という国民意識を背景とした政策実行にいかに労力を傾けたかが窺える。しかし本書の書名通り菅義偉は「孤独」だった。宰相に孤独は付き物だが、菅のそれはむしろ仕事が「出来すぎる」故の孤独であり、それまでの政治家としての実績故に悲劇的でもある。2022/09/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18979094
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。