ドストエフスキーの預言

個数:
電子版価格
¥2,800
  • 電書あり

ドストエフスキーの預言

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 13時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 580p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163914633
  • NDC分類 980.2
  • Cコード C0095

出版社内容情報

ドストエフスキー生誕200年記念出版。
かつて外務省でモスクワ大使館に勤務した著者は、ソ連邦の崩壊に立ち会うことになった。宗教を否定する社会主義の理想が潰え、ふたたび神を求める時代が始まった。
そうした事態を19世紀にすでに預言していたと著者が考えたのが、文豪・ドストエフスキーである。
『カラマーゾフの兄弟』のかの有名な「大審問官」は、はたして何を示しているのか?
『罪と罰』でラスコーリニコフはなぜ回心したのか?
外交官としての仕事のかたわら、ドストエフスキーを解読する日々が始まった。
尊敬するチェコの神学者・フロマートカや、同じくチェコの哲学者・政治家のマサリクの著作が大いなる手助けとなる。
そして、モスクワとプラハを往還する著者の思索の旅は、ついに終わりの日を迎える--
現代史の現場から生み出された、これまでにないドストエフスキー論。

内容説明

キリスト教神学から読み解く、まったく新たなドストエフスキー論。ドストエフスキーは、ロシアの共産主義革命と世界大戦を予見していた!そして、現代に来るものは?

目次

ホドスラビッツェ村
『ロシアとヨーロッパ』
ミラン・オポチェンスキー
無神論
大審問官
カトリシズム
神人論
人神論
無神論者ゾシマ
悪臭と悪魔〔ほか〕

著者等紹介

佐藤優[サトウマサル]
1960年東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に勤務。その後、本省で主任分析官として活躍。2005年に発表した『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。『自壊する帝国』で新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆうきなかもと

10
チェコの神学者フロマートカと、チェコスロバキア共和国の初代大統領によるドストエフスキー解釈の読み解きから始まり、それらを通して、ソ連、チェコ、ドイツ、ポーランドなどの本質や、キリスト教徒はいかにあるべきか、あるいは、旧教、新教、正教の違い、キリスト教徒と共産党員やマルキストの対話は可能かなどについて書かれた本。ロシアによるウクライナ侵攻前から読み始めて、侵攻後の今日まで読んだが、ある種、ロシアの所業もここに予言されていたのかと思った。佐藤優は預言者ではないだろうが、予言者かもしれないとすら思った。2022/05/01

都人

5
「預言」とは、神の言葉を人の体を通して語ること。ドストエフスキーの著作から彼と宗教の関わりを説いたチェコのキリスト教神学者・マサリク氏(チェコの大統領でもあった)の著作を、著書がひもとく。ドストエフスキーの著作を単に読むことすら困難な私には、この本を理解出来るはずも無い。 ただプラハの街は音楽を聴きに一週間ほど滞在したので「時計塔」「共和国広場」「フスの像」「市民会館」等懐かしい。2022/02/07

amanon

4
想定外に読み終えるのが辛かった。題名からしてドストエフスキーについての文学論だと思いきや、ソ連崩壊前の東欧の政治事情に加え、哲学、神学、文学が絡むというかなり入り組んだ内容。一般的に馴染みのない神学者、文学者の名前が頻出するということもあり、かなりとっつきにくいというのが正直なところ。ただ、その当時の東欧諸国における複雑な状況。特に、政治や宗教的立場を巡っての複雑な駆け引きや、その中で生じる感情の機微など、島国日本ではなかなか理解しづらい事情があるのだな…再認識。ドストエフスキーの著作を再読したくなった。2022/07/29

kogyo_diamond

2
スメルジャコフの死が腑におちず何かしら解を求めてタイトルを漁るうち辿りついた。著者名佐藤優の名に神学部卒元ロシア外交官、書くべく人が書いているな、感心したが読むうちにこれは神学への誘い、ニヒリストの私が読むべくして読んでいるのでは?コレって啓示?実は私、光の子?胸に手をあてその気に。スメタナをBGMチャペックもカフカもチェコの人だったか、ああフス戦争!頭の中チェコ情報錯綜。自らの知恵で表象できるような神はキリスト教が想定する神ではない。人間が頭で考えたことを投影した偶像。無神論の中にある神の啓示を知ること2022/09/05

金北山の麓に生まれ育って

1
【キリスト教ってなんだろう?】まるで神学研究書、狭くしても「大審問官とは?」です。だから無理です飛ばし読み、ドストエフスキーは好きでだけどその他が知らない事ばかりで全然解らなかった。それにしても佐藤氏が「神に囚われた」と洗礼しましたとサラッと書かれたところで何故神などどうして信じられるの?宗教専攻してたのに?腑に落ちない。芥川の自死直前の様子や正宗白鳥の入信、無宗教の日本の凡人達の一人である私には耶蘇教は嘘八百でまだ葬式仏教の方が自然。私達には想像ができない魅力が知識人にとってはあるようで「解らない」。2023/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18827895
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。