ナインストーリーズ

個数:
電子版価格
¥1,500
  • 電書あり

ナインストーリーズ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月27日 18時13分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 198p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163913933
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

日本とパリに住んで年に一度の逢瀬を愉しむ夫婦、若い頃に破局した男女アイドル歌手の再会など、人生の黄昏模様を端正な筆致で描く。

内容説明

日本とフランスに別れて暮らし、年一回だけの対面を続ける夫婦だったが…(『1/10ほどの真実』)。ゆきつけのバーで憎からず思っていた女性バーテンダーの転職を見守る男(『闘いは始まっている』)。義兄の葬儀で、昔一度だけ関係を持った女と出会い、思い出した夏の記憶(『蟹工船なんて知らない』)。還暦過ぎの女友達二人。片や平凡な結婚人生を送り、一方は離婚して独り身(『パシフィック・リゾート』)。墓地で偶然再会した男女は、かつて短い間交際したアイドル歌手同士だった(『くちづけを誘うメロディ』)。リタイア後の人間ドックで要再検査となり、急に不安を覚える夫と冷めた妻(『安全地帯』)。定年間近の独身男が、結婚相手に求めた子持ちの女性と酒杯を重ねるうちに(『六杯目のワイン』)。出張先で夫が客死して十年。娘も成長し、自らも求婚相手が現れ転機を迎える(『あなたの香りのするわたし』)。仕事で家庭を顧みない夫に対し、久しぶりに出かけた旅先で妻が下した決断(『海のホテル』)。人生の黄昏を迎える人々に光を当てた9つの物語。

著者等紹介

乙川優三郎[オトカワユウザブロウ]
1953年、東京生まれ。千葉県立国府台高校を卒業後、国内外のホテル勤務を経て、96年に「藪燕」で第76回オール讀物新人賞を受賞しデビュー。同年に『霧の橋』で第7回時代小説大賞、2001年に『五年の梅』で第14回山本周五郎賞、02年に『生きる』で第127回直木賞、04年に『武家用心集』で第10回中山義秀文学賞を受賞。その後、現代に舞台を移した小説を執筆し、13年に『脊梁山脈』で第40回大佛次郎賞、16年に『太陽は気を失う』で第66回芸術選奨文部科学大臣賞、17年に『ロゴスの市』で第23回島清恋愛文学賞を受賞。そのほか著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

201
乙川 優三郎は、新作中心に読んでいる作家です。タイトル通り、著者の紡ぐ九つの短編、恋愛譚、オススメは、『1/10ほどの真実』&『安全地帯』&『海のホテル』です。 https://books.bunshun.jp/ud/book/num/97841639139332021/08/09

じいじ

99
中年の男と女を主人公にした現代物9短篇集。乙川氏らしさは感じるものの、時代物での肌に絡みつくような感触が薄いように思う。しかし、今でも好きな作家の一人である。個人的には頭と最後の2篇が好み。生まれつきの性質・意気が違う?夫婦の話。単身パリにわたった妻は、仕事の活路を見出す。夫は1年ぶりにパリの妻を訪ねて、嫉妬と挫折感を味わって単身帰国の途に…【1/10ほどの真実】。噛み合わなくなってしまった夫婦の話。仕事まっしぐらの夫と家庭を我慢強く守る妻。その妻にも限界が訪れる…【海のホテル】。2021/11/26

66
年齢を重ねた事で示せる生き方。短編集だけど濃密な中身の一冊でした。2021/07/14

キムチ27

65
現代へとギアアップした氏の最近短編集。人生の黄昏期を歩む男女の俯瞰図と言った呈。気乗りせず煙をくゆらす傍観者の筆者の視線・・いい味。日本モノで数少ない「作家読み」の乙川氏。ラスト近くには「あれ?乙川さん、直木賞だったよな」と違和を覚える芥川賞テイスト。2,3編は昨今の熟年男女によくある話。「六杯目~」のラスト、捻って行く男の心情・・次なる場面は?とにんまり。筆者の生活周辺事情でテーマ等が都会というのは当然だが登場人物・・何れも「う~ん」という臭み。翻ると自分もそう言ったニュアンスかと鼻白んだ読後2021/10/12

ひらちゃん

65
老年期に差し掛かったそれぞれの男女の短編集。随分とずけずけものを言う女の人が登場する。しかし嫌味は感じない。生きてきた時間がそうするのか。何かというオチはないのだが、しっくりくる話が多数。ここで終わり?と言うくらいの短さが潔い。2021/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18008697
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。