彼岸花が咲く島

個数:
電子版価格 ¥1,800
  • 電書あり

彼岸花が咲く島

  • ウェブストアに119冊在庫がございます。(2021年10月17日 08時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163913902
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

記憶を失くした少女が流れ着いたのは、ノロが統治し、男女が違う言葉を学ぶ島だった――。不思議な世界、読む愉楽に満ちた中編小説。

内容説明

彼岸花の咲き乱れる砂浜に倒れ、記憶を失っていた少女は、海の向こうから来たので宇実と名付けられた。ノロに憧れる島の少女・游娜と、“女語”を習得している少年・拓慈。そして宇実は、この島の深い歴史に導かれていく。第165回芥川賞候補作。

著者等紹介

李琴峰[リコトミ]
1989年、台湾生まれ。作家・日中翻訳者。2013年来日。早稲田大学大学院日本語教育研究科修士課程修了。17年『独り舞』(講談社)(原題「独舞」)で群像新人文学賞優秀作を受賞しデビュー。19年『五つ数えれば三日月が』(文藝春秋)が芥川賞、野間文芸新人賞の候補に。21年『ポラリスが降り注ぐ夜』(筑摩書房)で芸術選奨新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

301
第165回芥川龍之介賞受賞作&候補作第五弾(5/5)は、受賞作二作目、これでコンプリートです。李 琴峰、2作目です。独特の世界観、彼岸花が美しく咲く孤島の情景が身に浮かぶ作品、『貝に続く場所にて』よりも本作を評価しますが、MyBESTは、『水たまりで息をする』でした。 https://books.bunshun.jp/articles/-/6075?ud_book2021/08/20

パトラッシュ

209
法律も行政も軍隊もない島が、外国に干渉も占領もされないなど国際政治的にあり得ない。なのに外国と交易し、車や資材など生活物資を得ている。そんな設定に疑問を抱きながら読んでいくと、153頁にタイワンへ運ぶ彼岸花には麻薬としての用途があると記されていた。現実の彼岸花にそんな効能はないので、島で彼岸花と呼ばれている植物は実はケシではないか。いわば島は世界への麻薬供給地として、どこにも属さずにいるのを黙認されているのでは。とすれば本書は戦争の果ての時代の片隅に咲いた、徒花の平和を描いたディストピア小説になるのでは。2021/08/25

美紀ちゃん

155
まさかの近未来もの? 面白かった。 言語が違うので、沖縄の話なのか?と思って読んでいた。 ウミはどこから流されてきたのか? 英語も少し混じっていて外国の人?  なぜタツは歴史を知ることができないのか?男だから? なぜノロは女しかなれないのか?が、 わかるところからびっくりした。 最後の決断で、光がさすところが気持ち良かった。 話し合うことが平和の道。2021/08/03

ショースケ

150
彼岸花に覆われた海岸に打ち上げられた記憶を失った少女。薬草にするため、彼岸花を取りに来たヨナに助けられニライカナイから来たと言われ、宇美と名付けられる。島では中国語が混ざったようなニホン語を話す。ノロという島を仕切る女たちが女語(普通の日本語)を習う。島の歴史もノロだけが教えられる。それを知りたがる少年タツ。宇美はヨナとノロになり、島の歴史を聞く。読んでいる時、南特有の風や神秘的な景色の中に宇美と一緒に溶け込んでるような気持ちになった。これは単なるファンタジーではない。一種の警告のようなものを感じた。2021/10/04

いっち

142
主人公は、島に流れ着いた少女。島の住人は、主人公の知らない言葉を話し、主人公には記憶がない。どこから来たかわからない主人公に、島のトップは出ていくよう言う。主人公を発見した少女やその親の頼みで、島流しは免れるが、島で行われる試験に通らなければならないと、トップは言う。試験を受ける予定だった少女と協力し、試験合格を目指す。沖縄のようで沖縄ではない、女性だけに与えられる役割が多い島。男性と女性で差があるのかと疑問に思いながら生活する主人公が、その理由を知ったときに出す結論が美しい。読んで良かったと思える作品。2021/06/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17998673

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。