ASUKA BUSINESS<br> 売れるしくみをつくるマーケットリサーチ大全

個数:

ASUKA BUSINESS
売れるしくみをつくるマーケットリサーチ大全

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月02日 07時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 292p/高さ 15X19cm
  • 商品コード 9784756920546
  • NDC分類 675.2
  • Cコード C0034

出版社内容情報

売れている商品は「なぜ」売れているのか? どうしたら「売れる」ようになる(ヒット率を高められる)のか? ーーそのために必要なのが、「お客さん」の実相を的確につかむことです。そうしたお客さんのニーズを的確につかむために必要なのが「マーケットリサーチ」です。ところが、これだけ大事なはずの「リサーチ」をおろそかにし、個々人の力量に任せている企業が大半です。本書では、商品のヒット率を高めるためのリサーチの極意を、専門知識がない読者でも使いこなせる内容にまとめます。マーケッターや営業パーソン、商品開発担当者必読の1冊です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タナカ電子出版

24
リサーチとは、つまり「勝てるポイント」を見つけること👀‼️例えるならHUNTER×HUNTERで語れる戦闘思考力💪☺️の事です✨相手の念能力が何なのかわからないながら常に戦いが始まります😱戦いの一手一手に注意しながら相手の念能力に仮説を立て試みる!そこから得られる情報を根拠に帰納法的思考で勝てる領域を探る✴️(ここまで私の妄想です。)これくらい読書する時は大好きな♥️漫画に落とし込んで理解する私の読書術です📖🎵2020/03/03

10
マーケットリサーチ会社で活躍した著者が、リサーチ技法について解説した本。 雑誌を活用してお客様イメージを把握する具体的手法、リアル店舗を観察することで価格帯や売れ筋を把握する方法など、初心者にとっては有益な技法が満載。読み込んで活用したい。2021/02/13

あじたま

0
借りた本だったので買って実践で活用したい。2021/09/05

Mikio Kitayama

0
タイトルの通りで、細かいテクニックというより、リサーチには様々な手法があって、何でもWebアンケートではありませんよ、ということを説いている。理屈っぽくないし、著者の実体験に基づく手法が描かれているので、分かりやすいし、腑に落ちる点が多々あった。企業で新規事業や新ブランド立ち上げで悩んでいる人が読むと、こんなやり方でもいいんだ、と気づく点があると思う。2020/01/30

Q_P_

0
マーケティングリサーチのやり方というより、リサーチの利用法が多く解説されているように感じました。市場調査をどのようにすればよいのか知りたい、と考えている人より、調査はするものの、どの様に利用すればよいのかわからない、より役立てていきたい、といった人に向いた内容かと思います。著者の経験に基づいたいくつかの場面でのリサーチを利用した対処法を知ることができます。2019/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14435681

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。