黙示録―映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄

個数:
電子版価格 ¥1,700
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

黙示録―映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2020年04月09日 17時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 419p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163911083
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0095

目次

「夜ごと飛ぶ夢を見る」―映画戦線への参入
「皆様方よ、今に見ておれで御座居ますよ」―狂気の現場
「ありがとう、こんなに愛いっぱい」―一躍、ヒットメーカーに
「ハートブレイクヤクザ」―既存の映画製作への疑問
「これっきりになるような気がします」―滅びの美学
「たけしさん、暴力って何ですか?」―映画監督・北野武との邂逅
「キレたら止まらない」―時代の寵児へ
「夜の夢こそまこと」―『RAMPO』を巡る狂騒劇
「暴力と熱情」―人生を変えた男・深作欣二とのすべて
「片想いの街、ニューヨーク」―ロバート・デ・ニーロとの共同製作の夢
「闇にひらめく」―パルム・ドールとシネマジャパネスク
追放―ある男の告白
「いつかギラギラする日」―復帰、そしてこれからを語る

著者等紹介

春日太一[カスガタイチ]
1977年生まれ。時代劇・映画史研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。