オーガ(ニ)ズム

個数:
電子版価格 ¥2,241
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

オーガ(ニ)ズム

  • 阿部 和重【著】
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 文藝春秋(2019/09発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 48pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月09日 17時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 861p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163910970
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

現実が終わり、伝説も終わる―。アメリカ大統領に迫る核テロの危機。新都・神町に向かったCIAケースオフィサーと作家・阿部和重は世界を破滅させる陰謀を阻止できるのか。

著者等紹介

阿部和重[アベカズシゲ]
1968年山形県生まれ。「アメリカの夜」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。『無情の世界』で野間文芸新人賞、『シンセミア』で伊藤整文学賞・毎日出版文化賞、『グランド・フィナーレ』で芥川賞、『ピストルズ』で谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

舞台の書き割りのように嘘っぽく、突き破って奥へ進んでもまた別の書き割りが

現れるこの世界で、翻弄される人間たちもまた、その書き割りの一部のように描いた。

作り物に徹するその絵には乾きのおかしみがあり、胸に深く迫ってくるのだ。



本作は高度に複雑化し、現実より「作られた現実」の出来事が強い力を持つ

社会を生きる現代人の感覚を強く意識する。(「読売新聞」5月28日、文芸月評より)



※※※※※







現実が終わり、伝説も終わる――



作家・阿部和重の東京の自宅に、ある夜、招かざる客が

瀕死の状態で転がり込んできた。



その男・ラリーの正体は、CIAケースオフィサー。

目的は、地下爆発で国会議事堂が崩落したことにより首都機能が移転され、

新都となった神町に古くから住まう菖蒲家の内偵。

新都・神町にはまもなく、アメリカ大統領オバマが来訪することになっていた。



迫りくる核テロの危機。

新都・神町に向かったCIAケースオフィサーと、幼い息子を連れた

作家は、世界を破滅させる陰謀を阻止できるのか。



『シンセミア』『ピストルズ』からつづく神町トリロジー完結篇。

作家、3歳児、CIAケースオフィサーによる破格のロードノベル!

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件