三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録

個数:
電子版価格 ¥2,000
  • 電書あり

三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録

  • 提携先に9冊在庫がございます。(2019年07月17日 06時06分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 492p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163910383
  • NDC分類 319.21
  • Cコード C0098

内容説明

核開発の舞台裏、イスラエルとの極秘交渉、日朝平壌宣言での敗北、張成沢処刑の真実…金正恩が激怒した衝撃の手記。歴代最高位の亡命外交官が人生を賭けて全てを明かす!

目次

脱北後に見た世界
第1部 平壌心臓部の内幕(核兵器開発はこうして始まった;対イスラエル極秘ミサイル交渉;金正日と小泉純一郎;アメリカの真意は見抜かれていた;金正恩の変節と粛清;亡命前夜、金正哲との六一時間)
第2部 南北統一へ(陸軍中野学校が教科書だった;「地上の楽園」の実像;金王朝の崩壊が始まった)
私の罪と償い

著者等紹介

太永浩[テヨンホ]
1962年平壌市生まれ。74年に平壌外国語学院英語科入学。76年、少年留学生として北京市第五十五中学校に。78年に北京外国語大学附属中学校英語科に転校した後、80年に帰国。同年、外交官養成大学である平壌国際関係大学に入学。同校を卒業した84年、再び中国の北京外国語大学に留学。88年に帰国し、外務省(外交部)に入省。駐デンマーク北朝鮮大使館三等書記官の在任中には、金正日から「金日成尊名時計」を贈られる。その後、ヨーロッパ局イギリス及び北欧課長、同局副局長兼部門党書記などを経て、13年より駐英北朝鮮大使館公使。15年にはエリック・クラプトンのライブを見にイギリスを訪れた金正哲を61時間にわたってアテンドした。16年、長男に対して帰国命令が出たことを機に脱北を決意し、妻子とともに韓国へと亡命。亡命した元北朝鮮外交官の中では最高位に当たる。韓国では一貫して南北統一に向けて活動し、18年に『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』が韓国で発売されると、3週間で10万部を超えるベストセラーとなる

李柳真[イユジン]
ソウル大学言語教育院にて韓国語を学ぶ。行政機関を中心に翻訳、通訳を数多く経験

黒河星子[クロカワセイコ]
京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。韓日・英日翻訳者

鐸木昌之[スズキマサユキ]
1951年生まれ。政治学者。専門は北朝鮮政治。76年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同大学院法学研究科博士課程在学中に、韓国延世大学校社会科学大学院へ留学。駐中国日本大使館専門調査員、聖学院大学政治経済学部助教授、尚美学園大学総合政策学部教授などを務める。著書に第5回アジア・太平洋賞特別賞を受賞した『東アジアの国家と社会3 北朝鮮―社会主義と伝統の共鳴』(東京大学出版会)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

イスラエルとの極秘交渉。日朝平壌宣言の内幕。金正恩が粛清を続ける意外な理由。北朝鮮外交を裏の裏まで熟知する著者が全てを書く。