おなかのおと

個数:
電子版価格 ¥1,300
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

おなかのおと

  • 菊池 亜希子【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 文藝春秋(2019/11発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン対象商品(12/25まで)
  • ポイント 28pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2023年12月11日 17時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784163909288
  • NDC分類 596.04
  • Cコード C0095

出版社内容情報

むぐむぐ、むしゃむしゃ、むふふのふ。

「美味しい」って楽しくて嬉しくて、

ちょっと切ない。



大好きな食べ物のことを考えると、私のお腹はきゅるると鳴り、

耳の根っこがきゅうっと痺れ、胸の奥がぎゅっと疼く。

書きたいことは揚げたてのメンチカツの肉汁のごとく、

はたまたもぎたての桃の果汁のように、

次から次へと溢れ出してくるのだった。



女優でモデルの菊池亜希子の子ども時代から母になった現在までの

「食」にまつわるエッセイ集! 著者によるイラストも満載。







階段裏でこっそり食べたお母さんの大きなおにぎり。中学の時、好きな人と下校途中で食べたあったかい肉まん。校則を破って、恋バナを咲かせながら食べた食堂のカツ丼。「がんばってね」と母からの紙切れが添えられた涙味のカップアイス。モデルだけど、どうしても食べたかったカロリー満載のスティックパン。役者の先輩に連れて行ってもらった居酒屋の衝撃的なハムカツ。修羅場で疲労困憊の時に食べるわたしの「仙豆」。ハロコン帰りのお出汁が心に沁みるうどん。「冷めちゃうから早く!」と寝ぼけまなこの夫を急かす朝食……などなど。

内容説明

むぐむぐ、むしゃむしゃ、むふふのふ。「美味しい」って楽しくて嬉しくて、ちょっと切ない。著者の子供の頃から母になった現在までの「食」にまつわるエッセイ集!

目次

こそこそおにぎり
しくしくメロン
への字スパゲッティ
ずっしりポテト
むぐむぐトースト
むしゃむしゃお茶場
とろりんハムカツ
むふふオムライス
キラキラゼリー
ふらふらロープ飯〔ほか〕

著者等紹介

菊池亜希子[キクチアキコ]
1982年岐阜県生まれ。女優・モデル・『菊池亜希子ムック マッシュ』編集長。モデルとしてデビューし、その後、映画やドラマ、舞台など女優としても活躍。2015年に結婚し、女の子を出産、一児の母となる。現在、TBSラジオ「Be Style」(毎週土曜日朝5時半~6時)でパーソナリティを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いこ

79
読み友さん(たま ぽんこつさん)のレビューに惹かれて。まず、表紙とエッセイ一編一編についてる、著者のゆるーい感じのイラストに心惹かれる。また文章につけられたタイトル「こそこそおにぎり」「キャピキャピカツ丼」「ザザザーポテチ」などオノマトペが最高!これだけ見ても読む気まんまんになるが、文章がこれらに負けずよかった。著者の「食べ物大好き愛」が全編に渡り溢れている。「そうそう!わかる~!」美味しいもの大好きな私は頁を繰る手を止められなかった。ただ読む時間帯には注意。私は夜中に読んで、朝まで空腹に耐えました。2020/03/29

coco

29
今年の読み納め。菊池亜希子さんの幼少期から現在に至るまでの「食」に対する思い出が綴られたエッセイ。家族との思い出や友人、もう会えない人との思い出などが美味しそうな食べものの表現によって可笑しく切なく描かれていました(´ω`) 2019/12/31

縞子

22
「みちくさ」以来かな?知らないうちに結婚されてお母さんになられていたんですね。とっても大好きなエッセイ。まず、それぞれのお話のタイトルがいい!そして、イラストもかわいい。うまく言えないけれど、文章もすごく心にしみる。家族との話があたたかくて素敵。他の本も読んでみよう!2020/11/08

はるき

13
 食に関するエッセイ。甘いのもほろ苦いのもあります。「お母さんが大好きだ」と、サラリと明言できることにキュンとします。2023/01/16

Gaooo

9
著書が醸す雰囲気の通り、ほんわかと親しみを感じる食エッセイ。姉とケンカしたポテトチップス、父に叱られたメロン、母に目撃された肉まん。様々な思い出が食べ物の記憶とつながっている2021/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14868610
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。