VRは脳をどう変えるか?―仮想現実の心理学

個数:
電子版価格 ¥1,936
  • 電書あり

VRは脳をどう変えるか?―仮想現実の心理学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月27日 08時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 364p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163908847
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0098

出版社内容情報

VR内での体験を脳は「現実」として処理する。人類史上初めての刺激の数々に、我々の脳は対応できるのか。VR研究のトップが語る。◆心理学?テクノロジー、仮想現実の最前線◆



・VR内での体験を、脳は現実の出来事として扱ってしまう

・VR内で第三の腕を生やしたり、動物の身体に?移転?しても、脳はすぐさまその変化に適応し、新たな身体を使いこなす

・イラク戦争後、?バーチャル・イラク?を体験するVR療法により、PTSDに苦しんでいた二〇〇〇人以上の元兵士が回復した

・VRで一人称視点の暴力ゲームをプレイすると、相手が仮想人間だとわかっていても生々しい罪悪感を覚える

・仮想世界で一日過ごすと現実と非現実の違いがわからなくなる

・VRユーザーの身体や視線の細かな動きは、正確にデータ化できる

・そこからその人の精神状態、感情、自己認識がダイレクトに読み取れる



【目次】



■序 章 なぜフェイスブックはVRに賭けたのか?

私は二〇年にわたり、認知心理学の観点からVRを研究してきた。今のVRブームは、

二〇一四年にフェイスブックが「オキュラス」を二〇億ドル超で買収したことから始

まったが、実はその数週間前、マーク・ザッカーバーグは私の研究室を訪れていた。



■第1章 一流はバーチャル空間で練習する

VR内での経験は、現実の経験と同様の生理学的反応を脳にもたらす。VRは人類の

歴史上、最も強い心理的効果を持つメディアなのだ。では、これを学習に応用したら

なにが起きるだろうか。NFLのチームで行った実験は、驚愕の結果をもたらした。



■第2章 その没入感は脳を変える

VRでは一人称視点の暴力ゲームを作らない――ゲーム開発者は早々にこの結論に至

った。ゲームであってもVR内の殺人はあまりに生々しく、罪悪感を残すからだ。V

Rは脳へ強烈な影響を与える。仮想世界で二五時間過ごした男にもある変化が起きた。



■第3章 人類は初めて新たな身体を手に入れる

特殊な?鏡?を使えば、人間の脳はいとも簡単に仮想の身体を自分自身だと思いこむ。

これをVRと組み合わせれば、年齢や人種の異なる人間はもちろん、別の動物の身体

に移転することも可能だ。人類史上初めての事態に、我々の脳は対応しきれるのか?



■第4章 消費活動の中心は仮想世界へ

宇宙から海底まで、誰でも簡単に旅ができるVRが普及することで、世界の消費活動

は一変する。既に仮想世界で遊ぶための衣服・不動産・船などにあらゆる階層の人々

が多額を投じ、巨大な経済圏が生まれている。これを軽視すると未来を見誤るだろう。



■第5章 二〇〇〇人のPTSD患者を救ったVRソフト

同時多発テロ後、多くの人がPTSDに苦しんだ。治療にはトラウマの再現が有効だ

が、本人の記憶に頼る従来の手法ではあまり効果はなかった。そこである専門医は、

テロ当日を緻密に再現したVRを作製。患者を再度、九月一一日のNYに送り出した。



■第6章 医療の現場が注目する?痛みからの解放?

重度のやけど患者は治療で想像を絶する激痛を味わう。それはどんな鎮痛剤も効かな

いほどだ。だが治療中の患者にあるVRソフトをプレイさせると、劇的に痛みが和ら

ぎ、脳の活動にも明確な変化が見て取れた。このVR療法の登場に衝撃が走っている。



■第7章 アバターは人間関係をいかに変えるか?

ユーザーの細かな表情や動きを仮想世界のアバターに反映させる技術は急速に進化し

ている。誰もが仮想空間で交流し、通勤や出張が不要になる日も来るはずだ。だがあ

らゆるアバターは心理学に基づく印象操作を駆使して、表情や行動を偽装するだろう。



■第8章 映画とゲームを融合した新世代のエンタテイメント

ハリウッドではゲーム業界出身者が集まり、VRを用いた全く新たな物語作品を作り

始めている。VRは没入感と引き換えに、一本道のストーリーには向かないという弱

点がある。解決策として彼らが注目するのは、AIを用いた?ストーリー磁石?だ。



■第9章 バーチャル教室で子供は学ぶ

ハーバード大学では、一九世紀の町をインタラクティブに再現したVRを制作。当時

の世界にタイムスリップして科学を学ばせる「VR社会見学」を中学生に体験させた。

結果、生徒たちの学習意欲は大きく向上。VRは教育の世界も劇的に変えていく。



■第10章 優れたVRコンテンツの三条件

かつては一部の専門家にしか扱えなかったVRも、今では誰でも簡単に入手できるよ

うになった。既存のメディアとは全く異質で、測り知れない力を秘めたこの技術は、

人類にとって諸刃の剣だ。その制作者は三つのルールを必ず守らなければならない。

ジェレミー・ベイレンソン[ジェレミー ベイレンソン]
著・文・その他

倉田 幸信[クラタ ユキノブ]
翻訳

内容説明

VRを新しいゲームや映画の一種だと思っていると、未来を見誤る。このメディアはエンタテイメントだけでなく、医療、教育、スポーツの世界を一変させ、私たちの日常生活を全く新たな未来へと導いていく。その大変革を、心理学の視点から解き明かそう。現在のVRブームは、クラウドファンディングから始まった小さなVR機器メーカー「オキュラス社」をFacebookが巨額で買収したことから始まった。世界を驚かせたその買収劇のわずか数週間前、マーク・ザッカーバーグは本書の著者の研究室を訪れ、最新のVRを自ら体験していた。そこでザッカーバーグが味わった衝撃が、この本には詰まっている。

目次

なぜフェイスブックはVRに賭けたのか?
一流はバーチャル空間で練習する
その没入感は脳を変える
人類は初めて新たな身体を手に入れる
消費活動の中心は仮想世界へ
二〇〇〇人のPTSD患者を救ったVRソフト
医療の現場が注目する“痛みからの解放”
アバターは人間関係をいかに変えるか?
映画とゲームを融合した新世代のエンタテイメント
バーチャル教室で子供は学ぶ
優れたVRコンテンツの三条件

著者等紹介

ベイレンソン,ジェレミー[ベイレンソン,ジェレミー] [Bailenson,Jeremy]
スタンフォード大学教授(心理学、コミュニケーション学)。同大学でバーチャル・ヒューマン・インタラクション研究所を設立し、所長を務める。ノースウェスタン大学で認知心理学の博士課程を修了。VR(バーチャル・リアリティ、仮想現実)研究の第一人者。現在のVRブームの発端となったフェイスブックによる「オキュラス」買収直前には、マーク・ザッカーバーグCEOがベイレンソン教授の研究室を訪れ、教授が制作した最先端のVRを視察していた。心理学者としてキャリアを始め、人々のコミュニケーションについて研究を行う中で、VRが人の心理や行動に大きな影響を与える、従来にないまったく異質なメディアであることに注目。以後、VR心理学の専門家となる。

倉田幸信[クラタユキノブ]
1968年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。朝日新聞記者、週刊ダイヤモンド記者、DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集者を経て、2008年よりフリーランス翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

175
まあまあ。VR(仮想現実)の第一人者にして心理学などを研究している著者が、「現状のVRではどんなことができるのか?」「VRは人間の認知にどんな影響を与えるのか?」ということをまとめている一冊。かなり進歩したとはいえ、まだ一般化していない技術である以上、結論が出たとはいいにくい。ただ、AIを研究すると「人間とはそもそも何か」に考えが行き着くように、VRを考えると、結果として「人間がどのように人とコミュニケーションをとっているのか」というところに行き着くのは興味深い。2019/04/06

ミライ

40
VRについて、脳科学の視点からその危険性・優位性を語った一冊。ファイスブックが「オキュラス」を買収してVRに賭けた理由、NFLの一流選手はすでにVRを練習に取り入れている現実、VR暴力ゲームの危険性、教育・医療分野でのVRの優位性など、すでに一部ではスタートしているVR産業の未来が語られる。「VRには興味あるけど映画・ゲームだけでしょ」と思っている方は、VRの多様性に気付けるきっかけになると思うので、ぜひ一読してもらいたい。これまで読んだVR系の書籍の中では一番面白かった(しかも読みやすい)。2019/09/19

Miyoshi Hirotaka

31
文字の考案により知識が保存され、本が巻物から冊子になったことで音読から黙読へ移行。さらに目次や索引が付いたことにより、拾い読みが可能になり、批評が生まれ、多様な思想が誕生。写真の誕生は絵画芸術に影響し、印象派やキュビズムを生んだ。これらの技術革新により私たちの脳も変化し、思考や表現も大きく変わった。仮想現実の技術はこれらに匹敵する変化をもたらすことが確実視されている。一方、思想の多様化により社会の分裂が生じたように、仮想現実の技術も負の変化を伴う。いずれにせよ大変革を同時代に生身で味わう段階に来ている。2019/05/15

かなた

21
感想: 勉強になった。 使い方次第で、VR は便利なものになると本を読むとわかった。実例がたくさんあって読みやすかった。 使い過ぎると酔うっていうのは使ってみて実感しました。2019/10/19

Kentaro

20
仮想世界に長く居過ぎると感覚器官への負担が過大になる恐れがある。現実とVRの混同は、とりわけ子供に起きる危険である。短時間の集中使用でも起きる可能性がある。よく知られるように、幼い子供はニセモノの記憶を作りやすい。我々のラボでは2008年、幼稚園から小学校低学年までの子供を対象とした実験を行い、仮想世界と現実世界での経験をどの程度きちんと分けて認識できるかを調べた。例えばクジラと一緒に泳ぐVRを経験させた子供の多くは、自分が実際にシーワールドに遊びに行ってシャチを見たのだというニセモノの記憶を作っていた。2018/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13058401

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。