Black Box

個数:

Black Box

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月05日 22時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163907826
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報

尊敬していた人物からの、思いもよらない行為。
しかし、その事実を証明するには――密室、社会の受け入れ態勢、差し止められた逮捕状。
あらゆるところに〝ブラックボックス〟があった。
司法がこれを裁けないなら、何かを変えなければならない。
レイプ被害にあったジャーナリストが、自ら被害者を取り巻く現状に迫る、圧倒的ノンフィクション。

「この本を読んで、あなたにも想像してほしい。いつ、どこで、私に起こったことが、あなたに、あるいはあなたの大切な人に降りかかってくるか、だれにも予測はできないのだ。」(「はじめに」より)


〈著者紹介〉
伊藤詩織(いとう しおり)

1989年生まれ。ジャーナリスト。
フリーランスで、エコノミスト、アルジャジーラ、ロイターなど
主に海外メディアで映像ニュースやドキュメンタリーを発信する。

内容説明

信頼していた人物からの、思いもよらない行為。しかし、その事実を証明するには―密室、社会の受け入れ態勢、差し止められた逮捕状。あらゆるところに“ブラックボックス”があった。司法がこの事件を裁けないのなら、何かを変えなければならない。レイプ被害に遭ったジャーナリストが、自ら被害者を取り巻く現状に迫る、圧倒的ノンフィクション。

目次

第1章 あの日まで
第2章 あの日、私は一度殺された
第3章 混乱と衝撃
第4章 攻防
第5章 不起訴
第6章 「準強姦罪」
第7章 挑戦
第8章 伝える

著者等紹介

伊藤詩織[イトウシオリ]
1989年生まれ。ジャーナリスト。フリーランスで、エコノミスト、アルジャジーラ、ロイターなど、主に海外メディアで映像ニュースやドキュメンタリーを発信する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

272
以前から気になっていましたが、図書館の予約に出遅れて漸く読めました。一方の当事者の告発本なので、真偽は定かではありませんが、概ね真実のように感じました。もう一方の当事者、山口敬之氏にも安倍総理の太鼓持ち本『総理』ではなく、反論本を書くか罪を認め自首していただきたいと思います。本件も森友・加計事件と同様総理のお友達もみ消し事件なのかも知れません。週刊誌の記事では新潮社が先行しながら、本書が文藝春秋社刊なのが不思議です。メディアはどうでも良い不倫問題ではなく、深刻な性的被害を取り上げるべきだと思いますが・・・2018/02/04

風眠

186
読みながら私は、ずっと怒っていた。怒りの言葉を吐き、時にバーカ!バーカ!と感情をむき出しにしていた。それはもう独り言とは言えないレベルで。自分を止められなかった。第三者である私が、こんなにも感情を乱し、怒りをコントロールできなくなってしまうのだから、被害に遭った伊藤詩織さんの心や体のダメージ等々は計り知れないだろう。なぜ被害者が責められて、犯人が擁護されるの?それなら法律も警察もいらないよね?被害者らしく振る舞えとか、合意の壁とか、本当に腹が立つ。私には何もできないことにも腹が立つ。この怒りを、忘れない。2018/02/12

コージー

102
「片方の意見なので・・」などという方もいるが、「詩織さんの覚悟」の訴えがなければ、全てが無かったことにされていた。実名の告発には敬意しかない。起きたことを本人の立場から事実と気持ちを整理して綴られている。 今、他の事案も含め、有ったことが無かったことにされることが多すぎる。まずは、今回は、ベルボーイや運転手の証言、逮捕状が行使されたかった経緯と理由、etc.を、司法の場で隠さず出して欲しい。そして、「マスコミも覚悟」を持って追いかけ、公にし続けて欲しい。権力は常に隠したがるものだが、今は特に酷いのだから。2019/12/29

うどん

96
すごい人だと思いました。行動を起こす勇気もすごいし、人柄もすごい。強い人だなー。尊敬します!2018/04/05

あっか

86
読んでいてこんなに心が苦しくなる本はない…著者が受けた性的暴行の告発本(と表現しても良いものかどうか…)。当然のことながら本著は著者側のみの意見。故に中立の目で読もう…と思っても、疑惑や不信は明らか。女性や娘を持つ親なら読むべき、と思ったが、いやこれは男性もぜひ読んで知っておくべき、知識をつけておくべきだ。相手のバックには政治家のみならず国のトップまで見え隠れする中、ここまで戦っている彼女は勇敢と言うしかない。相手の言い分が全く見えないのが不気味。とにかく、レイプ被害に遭ったら開業婦人科でなく救急外来へ。2018/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12409443

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。