顔貌売人―ハッカー探偵鹿敷堂桂馬

個数:
電子版価格 ¥1,426
  • 電書あり

顔貌売人―ハッカー探偵鹿敷堂桂馬

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163906973
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

園村幸子は地方から上京し、東京の大学に入ったが、実家の店の経営難で仕送りが減り、ブラックバイトに手を染める。その中で、騙されてアダルトビデオに出演させられるが、幸子は化粧前と後でまったく別人の顔になるため、その後は都内の銀行に就職して、地味な生活を送っていた。ところがある日、高校の同級生から「おまえ、AVに出てないか」というメールが届く。驚いた幸子は、メールにあった「AV女優顔探索」というサイトを見て愕然とする。顔認識の技術と個人情報を紐付け、過去を暴く恐ろしいシステム。その作者の真の意図とは一体……?

情報犯罪を阻止するのは、時間との勝負だ。相談を受けた女社長・安藤裕美と、クールな一匹狼の技術者、鹿敷堂は、すぐに行動を開始する。



プログラムに隠されていた謎のメッセージ。犯人の背後に潜む悪の組織。前作「裏切りのプログラム」で登場した名コンビが情報技術を駆使し、汗をかき足で稼いで真実に迫っていく。最先端の情報犯罪と、現代社会の底辺で足掻く者たちの苦悩を活写する傑作ミステリー第2弾。

内容説明

園村幸子は地方から上京し、東京の大学に入ったが、ブラックバイトに手を染め、騙されてアダルトビデオに出演させられる。卒業後は都内の銀行に就職して、地味な生活を送っていた。ところがある日、高校の同級生から「おまえ、AVに出てないか」というメールが届く。驚いた幸子は、メールにあった「AV女優顔探索」というサイトを見て愕然とする。顔認識の技術と個人情報を紐付け、過去を暴く恐ろしいシステム。その作者の真の意図とは一体…?相談を受けた女社長・安藤裕美と、クールな一匹狼の技術者、鹿敷堂桂馬は、すぐに行動を開始する。

著者等紹介

柳井政和[ヤナイマサカズ]
1975年福岡県北九州市生まれ。97年熊本大学理学部生物科学科卒業。ゲーム会社勤務を経て、現在クロノス・クラウン合同会社代表社員として、ゲームやアプリケーションの開発、プログラミング系技術書や記事の執筆をおこなう。技術書の著書多数。2016年『裏切りのプログラムハッカー探偵鹿敷堂桂馬』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

るっぴ

25
ハッカー探偵鹿敷堂桂馬2作目読了。顔で認証出来るようになったら恐ろしい。プログラマーの裏社会の話で今作品も楽しめた。2017/09/22

信兵衛

21
ネット技術の怖さに関心がある方にとっては、リアルにその怖さを体験できるストーリィ。2017/09/06

のなのな

13
面白かった!様々な現代の闇が。恐怖もあるが、大事なこと、希望を教えられた!2018/03/05

あや

11
技術が向上することで、生活がよくなる半面、使い方次第で国を巻き込む犯罪を起こすことも可能に。 自分を否定され続けたら、他者の立場になって考えることもできなくなるのかな。 小説の中だけではなく、現実に起こり得ると思うと怖いですね。2018/01/09

rosetta

8
★★★☆☆まず最初に、この表紙はない!文春の文芸の編集者は時々こんな酷い仕事をする。親に反対され苦労して大学は出たけれど残ったのは奨学金と言う名の借金だけ。就職も出来ず世間を恨むばかりの若者はインターンシップで通った会社の顔認証技術を悪用して、恥ずかしい過去を隠していたいAV女優の正体を見つけるシステムを作るが、それはあくまでも実験に過ぎなかった。親友の妹がこれに見つかり傷つけられた安藤裕美は天才ハッカー鹿敷堂に助けを求める。ITの抱える問題、弱者の再生産など真面目に取り組んだ話なのに表紙で台無し。2017/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12108164

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。