死仮面

個数:
電子版価格 ¥1,399
  • 電書あり

死仮面

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 351p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163903934
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

「君と一緒にいて幸せだったよ」と言い遺して急死した十津根麻里夫。彼が勤めていたはずの高校に「妻」の雅代が連絡すると、「そのような名前の教師はおりません」と言われる。「夫」は名前も身元も偽っていたのだ。正体は何者なのか?それを解く手がかりは、大学ノートに残された小説のみ。失踪した中学生の少年を救うために、同級生四人組が、マリオネットの仮面の男に立ち向かう物語だった―。

著者紹介

折原一[オリハライチ]
埼玉県出身。早稲田大学文学部卒業後JTBに入社、雑誌『旅』などの編集に携わる。1988年、『五つの棺』でデビュー。同年『倒錯のロンド』で江戸川乱歩賞候補、95年『沈黙の教室』で日本推理作家協会賞(長編部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

埼玉県北部の町で、連続少年失踪事件が起きていた。中学三年の「僕」はマリオネットの仮面の男が犯人と見て、その屋敷に行くが……。

秋月雅代が、急死した内縁の夫が勤めていたはずの高校に連絡すると、「そんな教師はうちにはおりません」と言われてしまう。「夫」は、名前も身元も偽っていたのだ。では、いったい何者だったのか?
手がかりは、大学ノートに遺された小説のみ。少年の失踪事件が相次ぐなか、中学3年生の「僕」が、行方不明となった同級生を救うために、仲間3人と、仮面の紳士が住む屋敷を訪ねるストーリーだった。そこで起きた惨劇は現実なのか……。
真実を知るべく、雅代は、物語の舞台となった地方都市に向かった。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件