• ポイントキャンペーン

深海の夜景

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163820606
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

妻を、父を理不尽にも殺され、犯人に復讐を企てる男たち。都市の深層に生き再起を窺う人間たちを棟居刑事が優しく見守る社会派短編。

内容説明

見果てぬ夢がここにあるから東京は眠らない。都会の光と闇を彩る精選短編小説集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かおり

5
短編集です。とても読みやすかったです。でも、短編じゃない方が好きです。2016/06/26

すい

5
定年退職やリストラなど、人生の節目を迎えた人間達が主人公。今日的なテーマを主軸に置きながら、ベタな内容一辺倒にならないのはさすがだと思う。大震災時の混乱に際して、それでも真摯に生きようとする人間の強さ等、日本人ならではのエピソードも楽しい。ただ、棟居刑事シリーズじゃなくても成立しそうなところが残念といえば残念かも。最後に、「リタイアしても人間をやめたわけではない。よせいは余る生ではなくて、誉ある生なのだ」この一言だけは、どうしても忘れられずに頭の中にこびりついている。 2013/07/02

ASnowyHeron

3
同じ設定から違う作品を紡ぎだし、モネの「睡蓮」を思い起こさせた。面白い試みだと思った。2015/12/12

北浦透

3
タイトル、雰囲気といい、良作の予感があった。どの短編ももうすぐ三十代の男にも十分わかる哀感、棟据のダンディズム。ロマンティズムを感じる編も多く、堪能した。2013/06/16

aloha0307

2
舞台は東京。登場する人々は、定年後、やることが何一つ無いことに戸惑う男や、リストラされて路上生活者となった若者などなど...ミステリーというより、森村さんの眼は都市生活者の孤独であり、その救済と再生に置かれる。 「リタイアしても、人間をやめたわけではない。よせいは余る生ではない。誉ある生だ。余生にするか、誉生にするか...」 人生を真摯に精一杯生きてきた人々に対する温かな眼差しは一貫している...静かだが高らかな中高年に対するエールだ。 2013/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6647782
  • ご注意事項