日産その栄光と屈辱―消された歴史消せない過去

個数:
  • ポイントキャンペーン

日産その栄光と屈辱―消された歴史消せない過去

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 01時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 421p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163756905
  • NDC分類 537.09

内容説明

熾烈な労使対立、経営トップの不協和音、怪文書、スキャンダルの捏造、社長の“詫び状”、労組幹部の裏切り…。その行き着く先が外資への身売りだった。そして復活。本書は「日産帝国衰亡史」である。

目次

誰が会社を壊したのか
崩壊の前兆
「一年を十月で暮らす自動車屋」
幻に終わったアメリカ現地生産
哀れなガラクタプロジェクトの末路
竜頭蛇尾のVW提携
英国進出、ダボハゼの総仕上げ
暗礁に乗り上げる
“鉄の女”サッチャー首相来日
会社は誰のものか〔ほか〕

著者紹介

佐藤正明[サトウマサアキ]
ノンフィクション作家。日本経済新聞記者時代の1982年、「トヨタ・GM提携交渉に関する特報」で、新聞協会賞(ニュース部門)を受賞。1996年、「ホンダ神話教祖のなき後で」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。自動車産業の取材はすでに40年を超し、「ホンダ神話」と「トヨタ・ストラテジー」は米国、中国、インドネシアでも翻訳出版されて高い評価を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

なぜゴーンの軍門に下ったのか。たった一人の経営者のせいで名門企業でも簡単に潰れてしまうことを示唆した、珠玉のドキュメント。

いまのゴーンCEO率いる日産は知っていても、かつて日本の名門企業だったころの日産を知るひとも少なくなりました。「スカイライン」「サニー」「フェアレディZ」と名車を次々と世に出し、企業人気ランキングでも必ず上位に入っていたほどの優良企業でした。その栄光ある日産が潰れてしまったのはなぜなのか。その「消されてしまった歴史」を当事者取材を丹念に重ね、まさに屈辱の歴史、「消せない過去」を掘り起こしたのが本書です。それはたった一人の経営者の戦略ミスでした。彼の名は石原俊。190センチ近くの巨漢で容貌するどく、メディアに人気の経営者でした。トヨタを追い越せと大号令を掛け、手当たり次第に海外進出を繰り広げ、英国への工場進出を図ります。その豪腕経営者に待ったをかけたのが、川又克二会長と労組トップの塩路一郎でした。英国に進出すれば日産は経営危機に陥る、この強い危機感で二人は石原社長と対峙します。両者は血みどろの激突を繰り返し、時の総理側近をも巻き込むかたちで、一大スキャンダルへと発展していきます。結果,石原が勝ち、塩路は会社を去ります。アメリカ進出こそ急務であったはずが、なぜ英国に進出してしまったのか。我々はその後に日産がどうなったか、すでに知っていますが、当時メディアはこぞって石原体制を賛美していたのです。ひとりの経営者が戦略を誤り、独裁体制を敷いて暴走したら、どんな優良企業も潰れてしまう、かつての日産は経営の「失敗の本質」を示す格好の教材となるでしょう。そして、いかにルノーに呑み込まれたのか、その海外での舞台裏を明らかにするともに、ゴーンの経営手腕の限界を見抜いていきます。本書は、ホンダ、トヨタに続く著者の自動車三部作の完結編となります。