10・8―巨人vs.中日史上最高の決戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163756400
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0075

内容説明

1994年10月8日、優勝をかけたシーズン最終戦。今中、松井、立浪、桑田…、戦った男たちの全証言。

目次

序章 国民的行事の前夜
1回 長嶋茂雄の伝説
2回 落合博満の覚悟
3回 今中慎二の動揺
4回 高木守道の決断
5回 松井秀喜の原点
6回 斎藤雅樹の意地
7回 桑田真澄の落涙
8回 立浪和義の悔恨
9回 長嶋茂雄の約束
終章 「10・8」後の人生

著者等紹介

鷲田康[ワシダヤスシ]
1957年埼玉県生まれ。慶應義塾大学卒業後、報知新聞社入社。87、88年に中日担当。91年オフから巨人キャップとして93年の長嶋監督復帰、松井秀喜選手の入団などを取材。およそ10年にわたり読売ジャイアンツ取材に携わった。2003年に独立。日米を問わず野球の面白さを現場から伝え続け、『Number』ほか雑誌・新聞で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世紀の決戦と語られる94年10月8日、巨人VS中日の最終戦。優勝をかけ男たちはどんな想いで闘ったのか。当事者の証言で綴る。

1994年10月8日、優勝をかけたシーズン最終戦。
長嶋監督が「もはや国民的行事」と語ったように、この一戦は、平均視聴率48.8%(プロ野球中継史上最高)。2010年に日本プロ野球機構が現役の監督、コーチ、選手を対象にしたアンケートで「最高の試合」部門1位だった。
伝説として語り継がれる「世紀の決戦」を、今中、松井、立浪、桑田、大豊、斎藤……戦った男たちの証言でつづる。
長嶋監督は言う。「野球のすべての面白さを凝縮した試合だった」

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件