河北新報のいちばん長い日―震災下の地元紙

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163744704
  • NDC分類 070.21
  • Cコード C0095

出版社内容情報

肉親を喪いながらも取材を続けた総局長、殉職した販売店主、倒壊した組版システム、被災者から浴びた罵声、避難所から出勤する記者。

内容説明

それでも新聞をつくり続けた。2011年度新聞協会賞受賞。被災者に寄り添った社員たちの全記録。

目次

第1章 河北新報のいちばん長い日
第2章 気仙沼から届いた手書きの原稿
第3章 死者と犠牲者のあいだ
第4章 配達が大好きだったお父さんへ
第5章 窮乏するロジスティクス
第6章 福島原発のトラウマ
第7章 避難所からの発信
第8章 被災者に寄り添う
第9章 地元紙とは、報道とは

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

239
 3月11日のあの日。例えば、命を落とした新聞販売店主。その一方で、助かった記者達。みんなそれぞれの立場で震災後の使命を全うしてゆく。第一線の記者、運搬に従事する者たち、新聞を配達する人達など。きわめて臨場感に富んだルポルタージュ。みんなの想いは熱い。     本書を通じて、新聞がどんな風にできるのかもよくわかる。    そして、「被災者と共に」あり続けた河北新報という地域誌の使命と意義がひしひしと伝わってくる。      2012/02/04

文庫フリーク@灯れ松明の火

148
河北新報3/19朝刊に掲載された、那覇市小学三年生のメッセージ《沖縄の電気は、節電しても地震の被災地まで送ることができないそうです。では、ぼくたちはいつもと同じに電気を使っていいのでしょうか。ぼくは電気はいつでも節約したほうがいいと思います。そして今日から、いつもよりもっと節電して、その分のお金を被災地へ送ってあげるのがいいと思います。ぼくの小学校はみんなで募金を集めることに決めました。お金や食べ物だけじゃなくて元気も分けてあげたいです。被害を受けていないぼくたちだからできることがあると思います》→続く2012/07/01

初美マリン

106
東日本大震災、その真っ只中にいて、報道に携わる人々の苦悩行動そして感動、地元とともに、踏ん張る。一番大変なときにする行動。改めて震災を考える、記録である。2019/03/30

七色一味

100
読破。ただただ、涙しかでない。3.11以降、震災などの大規模災害に関する何かを目にする度に、涙を流すしかできない。巷間にはあまたのニュースが溢れ、とかく3.11は人々の頭の中から押し出され気味ではあるけれど、決して忘れてはならない出来事がある。「絆」。それがただの飾りで終わってしまわないことを、切に思う。2012/10/20

みやこ

97
何をすべきか。何ができるのか。自問しながら懸命に情報を発信し続けた人々の記録。そして、あの日起こった震災の記録。毎日目を通し続けた誌面を今改めて目にし、色々な思いが込み上げる。日常に呑み込まれて忘れてしまいそうになるけれども。こうして振り返ることは大事。「新聞製作、輸送、配達」何一つ欠けても新聞は私達の元には届かない。あの災害に見舞われた直後、新聞の発行を成し得た河北新報社。それがどれだけ大変な事かは被災地にいた私は少しは想像できる。彼らがどんな思いで記事を書いたのかを今知ることができてよかった。感謝。→2017/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4309045

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。