選択の科学―コロンビア大学ビジネススクール特別講義

個数:

選択の科学―コロンビア大学ビジネススクール特別講義

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月23日 14時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 384p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163733500
  • NDC分類 141.8
  • Cコード C0098

出版社内容情報

社長は平社員よりもなぜ長生きなのか。その秘密は自己裁量権にあった。選択は生物の本能。必ずしも賢明な選択をしないのはなぜ?

目次

オリエンテーション 私が「選択」を研究テーマにした理由
第1講 選択は本能である
第2講 集団のためか、個人のためか
第3講 「強制」された選択
第4講 選択を左右するもの
第5講 選択は創られる
第6講 豊富な選択肢は必ずしも利益にならない
第7講 選択の代償
最終講 選択と偶然と運命の三元連立方程式

著者等紹介

アイエンガー,シーナ[アイエンガー,シーナ][Iyengar,Sheena]
1969年、カナダのトロントで生まれる。両親は、インドのデリーからの移民で、シーク教徒。1972年にアメリカに移住。3歳の時、眼の疾患を診断され、高校にあがるころには全盲になる。家庭では、シーク教徒の厳格なコミュニティが反映され、両親が、着るものから結婚相手まで、すべて宗教や慣習できめてきたのをみてきた。そうした中、アメリカの公立学校で「選択」こそアメリカの力であることを繰り返し教えられることになり、大学に進学してのち、研究テーマにすることを思い立つ。スタンフォード大学で社会心理学の博士号を取得。現在、ニューヨークのコロンビア大学ビジネススクール教授

櫻井祐子[サクライユウコ]
1965年、東京生まれ。京都大学経済学部経済学科卒。大手都市銀行在籍中の96年、オックスフォード大学で経営学の修士号を取得。98年よりフリーの翻訳者として活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kawai Hideki

141
インドの伝統に縛られ、視覚障害がありながらも、「選択の力」でコロンビア大学ビジネススクール教授になった女性による、「選択」の持つ可能性と芸術性について。ラットやイヌに対する動物実験が印象深い。選択肢を奪われ、無力感を学習してしまった個体の末路は悲しい。自分で「選択できる」と思えることが大事。一方で、過度な選択肢の多さは逆効果。辛い選択は他人に任せた方が良いこともある。また、「自分で選択している」つもりで、バイアスによって「選ばされている」こともある。選択させる側として読むと色々と得るものが多かった。2015/12/26

Gotoran

77
シーク教徒の両親の元で生まれ米国で育ち高校時代に全盲に、そのハンディを克服し学者になった著者。ビジネス、子育てから人の成長過程、日常生活等の様々な事例、先行研究を根拠に、選択という行為とその背景に潜む文化的な違いや前提条件との関係性他について、社会心理学、或いは認知科学的に深い考察がなされている。人は生来選択という行為そのものを回避することはできない。非常に興味深く示唆に富んでいた。個人主義(欧米)と集団主義(東洋)といった文化の違いによる心理・行動の違いへの言及については、大いに納得した。2014/10/07

KAZOO

75
行動経済学あるいは行動心理学の範疇に入るのではないかと思います。読んでいて非常に感心することしきりで、しかもわかりやすく例も豊富です。選択あるいは選択するための意思決定といったこともつながり私が興味を持っている分野です。参考文献やソースノートといったものも付けてあり非常に親切です。このような教科書だとわかりやすいですね。2015/03/08

どんぐり

65
人間の「選択」を研究テーマにしたコロンビア大学ビジネススクール教授の講義8コマ。特に第2講の選択は「集団のためか、個人のためか」、第4講の「選択を左右するもの」、第6講の「豊富な選択肢は必ずしも利益にならない」、第7講の「選択の代償――わが子の延命措置を施すか否か。施せば、重い障害が一生残ることになる可能性が高い。その選択を自分でした場合と医者に委ねた場合との自覚調査から考える」が面白い。動画アーカイブ(TED Talks)のシーナ・アイエンガの講義と併せて読み終える。2015/11/27

コットン

61
選択を科学するという変わった視点で面白い!著者自身の行動力と集中力がすばらしい。2013/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/808267
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。