ある小さなスズメの記録―人を慰め、愛し、叱った、誇り高きクラレンスの生涯

個数:

ある小さなスズメの記録―人を慰め、愛し、叱った、誇り高きクラレンスの生涯

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年09月17日 07時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 157p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163733005
  • NDC分類 936
  • Cコード C0098

内容説明

第二次世界大戦中のロンドン郊外で、足と翼に障碍を持つ一羽の小スズメが老婦人に拾われた。婦人の献身的な愛情に包まれて育った小スズメは、爆撃機の襲来に怯える人々の希望の灯火となっていく―。ヨーロッパやアメリカで空前の大ベストセラーとなった英国老婦人と小スズメの心の交流を描いたストーリーを、梨木香歩が完訳。

著者等紹介

キップス,クレア[キップス,クレア][Kipps,Clare]
1890年、シュロップシャー州ウイッチチャーチ生まれ。本名はルーシー・ヘレン・マグダレン・ガードルストン。ドーセット州ボーンマスで教育を受け、30歳を過ぎてからロンドンの王立音楽院でピアノを学ぶ。その後、プロのピアニストとして活躍。34歳のときに王立音楽院の指導教授だったオルガン奏者であり作曲家のウィリアム・ジョン・キップスと結婚、ロンドン郊外のブロムリーで暮らす。晩年、姪が暮らす西サセックス州ホーシャムに移り住み、1976年86歳で亡くなった

梨木香歩[ナシキカホ]
1959年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

第二次大戦下ロンドン。傷ついた野生の小雀を拾った老婦人が、あふれんばかりの愛情で育て、共に暮らし、最期をみとるまでの実話。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件