Bunshun paperbacks
「食糧危機」をあおってはいけない

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163712406
  • NDC分類 611.3
  • Cコード C0095

出版社内容情報

BRICsの成長で、食糧資源危機が訪れる? それは嘘です!
東大准教授が三菱総研とともに徹底的な調査とデータ分析によって、巷の「食糧資源危機説」の嘘をわかりやすく解き明かす科学の書。
最近、“食糧危機本”が巷にあふれています。ここ数年原油などの鉱物資源とともに食糧価格も高騰、また穀物からエタノールをつくるバイオ燃料の促進によって、人間の食糧が奪われ、「自給率4割」の日本は危ないという恐れから、これらの本はおおいにもてはやされました。しかし、実際はどうでしょうか。本書の著者は、東大のシステム分析の専門家で、農業と食糧問題を調べてきました。その結果あきらかになったことは、信じられている危機説とはまったく逆の事実でした。本書ではその成果をわかりやすく解説しています。1次データから浮かび上がる冷静な事実は、明日の食糧問題を憂える日本人必読です。

内容説明

食糧問題をシステム工学で分析した。「食糧は、本当は余っている!」BRICsの経済成長、人口爆発、生産量の限界、「買い負け」、バイオ燃料、食糧自給率…食糧危機の俗説を一網打尽。

目次

第1章 「爆食中国」の幻想
第2章 「買い負け」で魚が食べられなくなる?
第3章 二一世紀、世界人口は減少に転じる
第4章 生産量はほんとうに限界か?
第5章 「バイオ燃料」の嘘
第6章 繰りかえされる食糧危機説
第7章 ほんとうの「食糧問題」とは?

著者等紹介

川島博之[カワシマヒロユキ]
1953年、東京生まれ。1977年東京水産大学卒業、1983年東京大学工学系大学院博士課程・単位取得退学(工学博士)。農林水産省農業環境技術研究所を経て、東京大学大学院農学生命科学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Humbaba

5
問題を論じるときにはある個別の情報に当たることは必要だが、それだけでは充分ではない。社会は何か一つのピースから成り立っているものではなく、様々なものが結びついて今の形を造っている。すべてのものを完全に理解するなど不可能かもしれないが、可能な限り視野を広げて多角的に考える必要がある。2014/08/21

okanotomokazu

4
今までの、そして今の食糧危機に対する声は、「人口が増え、都市化が進み、食糧が足らなくなる」というものだが、本書によれば、これは明確に間違っている。世界では食糧が余っている、というのが本書の主張である。 1972年ローマクラブの『成長の限界』は、人口爆発を想定している。しかし、世界の人口は爆発的に増えているわけではないし、世界的な飢餓にも陥っていない。 本書を読んで、自分で考えることの大切さを再認識した。情報に惑わされず、自分でデータを取り、自分で考えることがいかに難しいかを痛感する。2013/03/05

鼻毛カッター

3
理性では納得できたたが、対日戦略爆撃作戦に貢献したオペレーションリサーチの専門家であるマクナマラが泥沼のベトナム戦争について対処のしようがなかったというエピソードから、まだまだ肥料投入による増産余地はある、ブラジルには耕作可能地が大量にある、とOR的見地からはいっても、そんなにシナリオ通りにくのかなあ、という疑問が浮かぶ。2010/08/22

atamura

2
各種の世界的な食糧危機論に対する包括的な反論書。 人口爆発による食糧需要増やバイオエタノール増産による食糧供給減などが題材。 さらに、著者は、こうした反論を一般化し、物事を経済や社会全体の動きと関連付けて考える姿勢の重要性を説いている。例えば、これまでの人口増と農業の生産性向上の歴史を見るとか、穀物の価格と工業商品や金融商品との関連を分析するとか、危機を煽る側の人にはない視点を提供している。 一朝一夕には身につきそうにない姿勢だが、傾聴に値する。将来、政治家を目指す方など、読んでみてはいかがだろう。2011/09/25

oshow

2
食糧危機説に対する全方位的反論。この本1冊で食糧危機説が実際にどうなのかが掴めるでしょう。これに載ってる素朴なデータを示すだけで、巷の食糧危機説には簡単に反論することができます。というか、そんな素朴なデータすらほとんど知られていないのが問題なのかな。2011/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/566269
  • ご注意事項