不老の方程式―長生き偏差値アップのための集中講義

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163673905
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C0095

内容説明

受験界のカリスマが現代日本の名医9人から聞き出したこれが高齢社会の「新・医学常識」だ。

目次

まえがきに代えて―高齢社会の「新・医学常識」を(和田秀樹)
「大学教授なら安心」か(近藤誠(慶応義塾大学講師))
高血圧より低体温が大敵(安保徹(新潟大学大学院教授))
「地域」が命を守る(鎌田実(諏訪中央病院名誉院長))
中高年よ、肉食せよ(柴田博(桜美林大学大学院教授))
処方薬を捨てるセンスも大事(別府宏圀(新横浜ソーワクリニック院長))
計算・音読でぼけ防止を(川島隆太(東北大学教授))
「心の若さ」失うなかれ(秋元波留夫(元東京大学教授))
執刀医の技量をどう見抜くか(南淵明宏(大和成和病院心臓病センター長))
「経営」も病院選びのポイントだ(河北博文(河北総合病院理事長))

著者紹介

和田秀樹[ワダヒデキ]
1960年大阪府生まれ。精神科医。東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、日本初の心理学ビジネスのシンクタンク、ヒデキ・ワダ・インスティテュートを設立。専門は老年精神医学、精神分析学、集団精神療法学。国際医療福祉大学教授。一橋大学経済学部非常勤講師(医療経済学)。川崎幸病院精神科顧問。教育問題、老人問題、人材開発、大学受験などのフィールドを中心に、旺盛な言論活動を展開している