恋い明恵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163673707
  • NDC分類 188.32
  • Cコード C0095

内容説明

『機雷』で直木賞を受賞し、熊本近代文学館初代館長をつとめた著者が遺した、誠実にして平明な宗教随想。明恵上人の生涯をたどりながら現代人と仏教の関わりを考える。

目次

今、なぜ明恵上人か
高山寺と森
紀州遺跡
上人とその時代
神護寺
華厳経と関係性
華厳経と重重無尽
海と小石
上人と人法二空
上人の信について〔ほか〕

著者紹介

光岡明[ミツオカアキラ]
昭和7年、熊本市生まれ。熊本大学法文学部卒業後、熊本日日新聞社に入社。編集局次長や論説副委員長を務めたのち、熊本日日新聞社情報文化センター社長を経て、昭和60年から平成7年まで、県立熊本近代文学館初代館長。昭和57年、『機雷』で第八十六回直木賞を受賞。平成16年逝去