お言葉ですが…〈9〉芭蕉のガールフレンド

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 291,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163667508
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

日本語には、未婚の女性への対称(相手を呼ぶ言葉)がとぼしい。芥川龍之介、そして芭蕉のケースを例にとって解き明かす表題作や新たに追加された「人名用漢字」問題をはじめ、言葉をめぐる面白エッセイが満載。

目次

やせっぽち一代記
今やひくらむ望月の駒
芭蕉のガールフレンド
門弟いろいろ
柳田の堪忍袋
法務省出血大サービス
役割に生きる日本人

著者等紹介

高島俊男[タカシマトシオ]
1937年生れ、兵庫県相生出身。東京大学大学院修了。中国語・中国文学専攻。大学教員をへてフリー。主な著書、『水滸伝と日本人』大修館書店。第五回大衆文学研究賞。『本が好き、悪口言うのはもっと好き』大和書房。文春文庫。第十一回講談社エッセイ賞。『漱石の夏やすみ―房総紀行「木屑録」』朔北社。第五十二回読売文学賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マッピー

7
今回面白かったのは「かく」という言葉についての考察。あぐらをかく。いびきをかく。など、一体「かく」とはどういう意味なのか?思いつく限りの「かく」を列挙する。大事なのは漢字で考えないこと。書くも掻くも描くも「かく」そうすると、大きく3つのグループに分けられる。A.固いものの先で手前へひっかくB.外へ出る。露出する。(汗をかく、いびきをかく、恥をかく、欲をかくなど)C.組む。こちらからあちらへ渡す。(駕籠をかく、あぐらをかく、垣根など)「かく」からできた自動詞が「かける」(欠ける)おお!言葉が繋がっていく。2017/01/27

カネコ

1
2012/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10181

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。