西暦535年の大噴火―人類滅亡の危機をどう切り抜けたか

  • ポイントキャンペーン

西暦535年の大噴火―人類滅亡の危機をどう切り抜けたか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 399p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163558707
  • NDC分類 209.4

内容説明

西暦535年、史上空前の火山大爆発が起こった。その後1年以上も太陽が暗くなり、洪水・干ばつ・ペストが全大陸を覆い、無数の人々がなくなった…全世界の専門家50人以上が協力、4年がかりで書きあげた「人類史の書き換えを迫る」問題作。

目次

第1章 ペストの猛威
第2章 蛮族の動勢
第3章 東ローマ帝国の動揺
第4章 イスラムの剣
第5章 トルコ系諸族の動勢
第6章 ヨーロッパ西部
第7章 東洋の悲劇
第8章 アメリカ大陸の変貌
第9章 いったい何が起きたのか?
第10章 人類の未来

出版社内容情報

西暦535年、未曾有の火山爆発が起き、一年半にわたり太陽が消えた。そして地球最後の時が……人類史の書き換えを迫るスクープ